片上鉄道に乗る

 4月2日のことですが、片上鉄道に乗ってきました。


 かつて片上鉄道という鉄道があった。柵原鉱山から出た硫化鉄を運ぶ目的でつくられ(1931年全線開通)、貨物や旅客を運んできたが、肝心の鉱山がなくなり、1991年に廃止された。現役時代には乗ることはなかったが、終点に近い吉ヶ原付近が整備され、片上鉄道保存会によって毎月第一日曜日は乗ることができる。翌日は仕事がある日曜日なので行きづらいところだが、このままだと行かず仕舞いになってしまうので、今回行くことにした。

 行きは夜行バスにしてもよかったが、思い立ったときにはすでに満席で予約できず、前日(1日)の夕方から「青春18きっぷ」で西に向かう。相生駅前のホテルに泊まった。相生の駅は本当に新幹線が停まるのか、と思えるような小さい駅。駅を出てすぐのホテルに泊まる。5階だったので目線が新幹線のホームだった。時折通る貨物列車の音が子守唄か。

 相生5:49発の岡山行きに乗る。真っ黄色に塗られた115系の3両編成だが、車内は転換クロスシートに改造されている。相生を出た時点で2人掛けシートに1人ずつ座っている程度の混み具合。岡山近郊で乗るのかと思ったがそうではなく、立つ人もいるが、詰めれば全員座ることができるぐらいだ。

 岡山からは路線バスの乗り継ぎ。まず駅前のバスターミナルから、宇野バスの7:21発ネオポリス東6丁目行きに乗る。朝に都心から離れる便のため、バスには5人程度しか乗っていない。時折乗降が見られる。赤磐市に入り、パークアンドバスライドのある新道穂崎で乗り換え。宇野バスでは「ICOCA」は使えないので現金で払う。340円と結構安い。

 新道穂崎から乗るのは7:55発の赤磐市広域路線バス林野駅行き。かつては宇野バスが林野まで走っていたが、今は一部を除いて途中止まりとなり、先のほうは市のバスに委ねている。新道穂崎での接続時間は4分しかないが、バス停の掲示によれば、遅れた場合でも接続を取るようだ。時間になってワゴン車がやってくる。新道穂崎で降りた3人とここで合流した友人の4人が乗る。途中での乗り降りの動きはあるが、始発から乗った4人は変わらない。赤磐市をようやく抜け、美咲町に入ったところにある高下で、その4人が全員降りる。

 中鉄北部バスのバス停は宇野バス(赤磐市広域路線バスも含む)のバス停から少し歩いたところにある。事前に知っておかないとわからない。定刻(8:58)になって津山方面からバスがやってきて、4人とも乗車。時折細い旧道に入りながら15分ほど走り、吉ヶ原で4人とも降りた。かつて片上鉄道の駅があったところだ。

 片上鉄道保存会による展示運転の始発は10時、まだ45分ほどある。時間があるなら、先になぜ柵原に鉄道が来たのかを勉強しておこう。すぐ近くの柵原鉱山資料館に行く。ここで鉱山のほか、片上鉄道についても勉強しておく。気がついたら始発の10時を過ぎていた。

 駅に戻って300円で「一日会員証」を買い求める。これが展示運転の一日乗車券となっている。乗客として片上鉄道の保存に貢献しているということだそうだ。10:35発の黄福柵原行きに乗る。黄福柵原は展示運転開始後に線路を伸ばしてつくった駅である。現役時代にはなかった駅である。吉ヶ原10:35発は2両編成。前にある、1953年製につくられた片上鉄道オリジナルの車両、キハ312に乗る。黄福柵原でしばらく停まった後、吉ヶ原に向けて走り出す。帰りに乗ったのは、2両編成のもう1両、1936年製のキハ702。背の低いセミクロスシートであることは同じだが、こちらは3扉(キハ312は2扉)。吉ヶ原に戻った後も、黄福柵原との間を何往復もする。

 そうこうしているうちにお昼になった。吉ヶ原で販売している弁当にしようかとも思ったが、売り切れ。しかし、たまごかけごはんの店が歩いて7〜8分のところにあるようなので、そこに行くことにする。たまごかけごはんは岡山県美咲町出身の明治を代表するジャーナリスト、岸田吟香が広めたと言われている。これを6種類のタレで食べるのだ。注文したたまごかけごはん定食には黄ニラ水餃子もあるが、黄ニラは鉱山跡の坑道内で光を浴びずに育てられたものである。天気がいいのか、サイクリングの客が目立つ。

 吉ヶ原を後にする。時刻表を見る限りでは吉ヶ原を通るバスは中鉄北部バスだけだが、実は中鉄北部バス以外にもあるようだ。コミュニティバスの類や津山まなびの鉄道館のバスもあるようなので、事前に調べてから行ったほうがよさそうだ。私たちは予定通り、吉ヶ原14:23発の高下行きに乗る。3人が乗車。このまま15分ほどで高下に着くが、接続のバスは1時間以上後。周囲には中華料理屋が1軒あるのみ。橋を渡って20分ほど、赤磐市の周匝<すさい>いうところに行く。ここは旧吉井町の中心だったところで、今日は日曜なので使えないが、平日と土曜は和気へのバスも出ている。ここ周匝にはスーパーもあり、買い物もできる。廃線跡らしきものも見つかった。

 周匝からは宇野バスに乗る。周匝15:40発の林野駅行きは10分あまり遅れてやってきた。終点の林野駅では駅から少し離れた、いつつぶれてもおかしくないような車庫で降ろされる。JRの駅に行く。林野は簡易委託で、事務室には旅行会社が入っている。人気がないので日曜は終日無人かと思ったら、駅員が出てきた。駅の周りには開いている店は全くなく、土産を買うことができない。美作市の代表駅とは思えない状況だ。改札を通ってホームに行く。交換設備が撤去され、1番線のみ。

 林野16:52発の佐用行きはキハ120の1両編成。ただし座席は埋まっていて途中まで座ることができなかった。それだけの需要があるわけではなく、単に「青春18きっぷ」のシーズンだからかもしれない。佐用で乗り換え。同じ1両編成だが、キハ120からキハ122に変わる。姫新線の改良時に投入された、転換クロスシートの車両だ。車両にステップがなく、ホームもかさ上げされている。線路も改良されたようで、カーブでもすいすい走る。播磨新宮でまた乗り換え。同じキハ122だが、今度は2両編成。座席が増えてようやく座ることができる。姫路に近いので客もだんだん増え、再び立つ人も出てくる。

 このまま新快速などを乗り継いで名古屋まで帰ってもよかったが、それでは到着がかなり遅くなってしまう。「青春18きっぷ」を捨てて新幹線に乗る。「エクスプレス予約」で検索したところ、「さくら」と「のぞみ」の乗り継ぎが指示されたので、それにする。10分あまりの乗り継ぎの時間で夕食の駅弁とお土産を買い、ここで友人と別れて「さくら562号」に乗る。九州新幹線用のN700系だが、JR九州の車両である。4列シートの車両に15分しか乗ることができないのは残念だ。新神戸で「のぞみ184号」に乗り換え。臨時列車のため、古い700系だった。
(参考:「たまごかけごはんの店 〜らん〜」でもらったチラシ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水陸両用の飛行機で瀬戸内海上空を遊覧飛行

 尾道市に本社がある、せとうちSEAPLANESという会社(ツネイシホールディングスの関連会社)が、水陸両用の飛行機で瀬戸内海上空を遊覧飛行する事業を始めることになりました。

 遊覧飛行に使う飛行機は、アメリカの航空機メーカーの小型機を水陸両用に改造したもの。機体の長さは約10メートル、翼の幅は約13メートルで、9人の乗客を乗せて約500キロを飛行することができます。すでに4日に遊覧飛行に使用する飛行機のうち1機が尾道市のマリーナに到着しています(1機約4億円で、今後、3機追加導入する予定です)。

 せとうちSEAPLANESは、マリーナを起点に宮島や小豆島、しまなみ海道など、瀬戸内海の上空を回る4つのコースを計画しています。20分と40分のコースがあります。料金は未定です。4月の営業開始を目指して、国交省に事業の認可申請を行っています。国交省によれば、水陸両用の飛行機を使った本格的な遊覧飛行が認可されれば、国内初となるようです(水陸両用機を使った事業自体は約50年前までありました。大阪を拠点に愛媛県や和歌山県に運航していたようです)。

 せとうちSEAPLANESは、国内外の富裕層の利用を目指しています。夏には、チャーター運航も考えているようです。
(参考:NHKホームページ http://www.nhk.or.jp/hiroshima-news/20160104/4690321.html、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/local/hiroshima/news/20160104-OYTNT50216.html、産経ニュース http://www.sankei.com/region/news/160105/rgn1601050050-n1.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

道後温泉本館、2017年の国体終了後に改修へ

 道後温泉のシンボル、道後温泉本館。しかし、道後温泉本館は約120年前の1894年に建設され、老朽化対策や耐震化が必要とされています。

 そこで、松山市は2017年の愛媛国体終了後に道後温泉本館の改修工事を行うことを明らかにしました。しかし、工事には10年以上かかります。そのため、代替施設として改築する椿の湯を国体までに完成させ、本館と椿の湯の2つで国体期間に対応する考えのようです。

 それにしても本館の改修には10年以上もかかるのは、意外です。この機会にいろいろ手直しするのでしょうか? ともかく、今の本館の雰囲気を損なわないように改修することを希望するのみです。
(参考:愛媛新聞ONLINE http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20130413/news20130413704.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宮島に入るのに税金

 安芸の宮島といえば、誰もが知っている名所。世界遺産の厳島神社があり、毎年多くの観光客が訪れています。今年の初詣で訪れた方もいるかもしれません。

 宮島の地元、廿日市市は、その宮島の文化財や環境を保護するため、新たな税金をつくることを考えています。税金の徴収方法や税額、課税対象者の範囲などの問題点は4月から検討するようですが、対岸の宮島口などからのフェリーの運賃に上乗せする方法も考えられているようです。宮島に行くには、対岸からのフェリーに乗るしかありませんから、徴収漏れはありません。昨年の宮島の観光客は約300万人なので、1人当たりたった10円を徴収するだけで、3000万円の税収になり、一般会計の予算規模が約400億円の廿日市市にとっては、それなりのお金になります。

 このようなタイプの税金は、すでに沖縄の伊是名<いぜな>村で導入されています。2005年度から導入された「環境協力税」がそれで、入島1回当たり100円です。
(参考:Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071231-00000009-maip-soci)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

マンガ喫茶に泊まる旅行プラン

 行き帰りの乗り物と宿がセットになったフリープランはよく見かけます。しかし、このプランの宿は、何とマンガ喫茶です。

 この旅行プランを企画したのは、琴平バス。大阪から琴平までの往復高速バスに、マンガ喫茶での宿泊をつけて1泊2日で8800円(東京からのプランもあり、こちらは往復車中泊で、1泊4日となります)。マンガ喫茶にはお風呂やシャワーの設備がないので、温泉旅館で使える入浴割引券がついています。

 旅費の節約のため、夜行列車や夜行バスにはよく乗りましたが、マンガ喫茶で泊まったことはないです。マンガ喫茶でも抵抗なく泊まることのできる、若い人向けのプランですね。琴平バスのホームページでは、「ビジネスプランの決定版」としていますが、ビジネスではちゃんとしたホテルに泊まりたいです。
(参考:琴平バスホームページ http://www.kotobus.com/package/business/index.html)

| | Comments (9) | TrackBack (1)

高知・徳島に行ってきました(5)

 南海フェリー乗り場近くにある、沖洲マリンターミナルには15時過ぎに着いた。まだ車はほとんど停まっていない。

 ここからシャトルバスに乗って徳島の中心部に行くわけだが、肝心のシャトルバスは16時からの運転。まだ30分以上ある。ここで待っていても仕方がないので、たまたま近くにいた老夫婦と一緒にタクシーで中心部に移動。たった1200円だった。

 ちょうど前日に両親が阿波踊りを見に行っていたので、その指示に従って両国本町演舞場の終わりあたりに座席を確保。無料なのに、目の前で座りながら阿波踊りを見ることができる。座席を確保したら、近くの居酒屋で腹ごしらえ(もっとも、阿波踊りが終わってから運転する必要があるため、お酒は飲まない)。祭りが始まる1時間前に演舞場に戻ったが、まだ交通規制は行われず(祭りが始まるまで、車の進入は禁止されない)、目の前を車が行きかう。

 18時になった。阿波踊りの始まりだ。いろいろな連が目の前で踊りを披露してくれる。座っているところが演舞場の最後なので、踊りにも熱が入っている。この演舞場、長さが200メートルもあり、「踊り子泣かせ」とも言われるようだが、それを感じさせない踊りだ。連ごとに踊りかたが違うので、ワンパターンにならず、飽きさせない。

 2時間半ほど演舞場に座り続けたが、帰ることにする。お土産を買い、今度はシャトルバス(100円)に乗って、マリンターミナルへ。南海フェリーの待合室で時間をつぶし、和歌山に渡る。船の中で寝ていたので、和歌山までの2時間はあっという間だった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高知・徳島に行ってきました(4)

 夕食は阿波池田で郷土料理。事前にインターネットで調べた店に行ったのだが、肝心の郷土料理はそば米ぞうすいぐらい。ほかのメニューを見ると、ごく普通の居酒屋だ。

 翌朝、吉野川にへばりついているビジネスホテルを出て、香川県方面に行く。阿波踊りは夕方からなので、時間はある。行ったのは、香川県でも西にある観音寺。琴弾公園の砂浜に描かれた大きな寛永通宝の砂絵だ。この絵が描かれたのは江戸時代初期の1633年。丸亀の殿様が観音寺を視察することを知った地元の人が歓迎の意味を込めて砂浜に絵を描いたのだ。この絵を見た人は、一生お金に不自由しなくなるとか。

 お昼はさぬきうどん。池上製麺所に行く。以前よりさらに人気が増しているようである。しかし、近くの民家には観光客の侵入を防ぐためにロープが張られており、物々しい。(続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高知・徳島に行ってきました(3)

 国道32号から外れ、グネグネとした坂道を上り下りすると、谷あいの小さな村に不釣合いな大きな建物が、川にへばりつくように建っている。全国から「かずら橋」を渡るためにやってくる観光客のための駐車場(+売店、食堂)だ。とても平家が源氏から逃れるためにやってきた秘境とは思えない。

 まだ昼を食べていなかったので、でこまわしや祖谷そばでの軽い食事。でこまわしとは、こんにゃくやいも、豆腐などを串に刺してゆず味噌を塗り、囲炉裏端で焼いたもの。祖谷そばは、そば粉をたくさん使っているので、すぐ切れる。

 お昼を食べて、メインの「かずら橋」へ。しかし、この秘境のはずの橋が大混雑。渡るまでに20分ぐらいかかったのだろうか? 「かずら橋」では人々のいろいろな姿が見られる。まるでコンクリートの橋のように欄干を持たずにすいすい行く子供、へっぴり腰になる女性、なかには泣いてしまい、一歩も動かなくなる子供。

 ここまで来たら、谷底の露天風呂までケーブルカーで行く、祖谷温泉にも入ろうかとも思ったが、道がかなり険しいらしいので断念。1日3往復だが、バスが通るので、それを使ったほうが安全かもしれない。(続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高知・徳島に行ってきました(2)

 高知では太平洋の新鮮な魚を食べたい。そこで、高知名物の皿鉢料理をオーダー。皿にかつおのたたき、お造りから寿司(かつおのたたきの押し寿司)、果物までいろいろなものが載っている。2人前なので小ぶりな皿のように見えたが、お腹いっぱいに味わうことができた。

 翌朝は、ホテルで自転車を借りて山内一豊が建てた高知城へ。城の手前では、NHK大河ドラマに因んで「土佐二十四万石博」が行われているが、朝早いために売店はほとんど開いていない。

 時代は進んで、幕末。時代を変革しようとする多くの若者が現れた。土佐にもそのような若者がいた。名は坂本龍馬、武士とは言っても低い身分に生まれた坂本龍馬は、33年という短い生涯の中で、激動の時代を突き進んだ。桂浜から広い太平洋を眺めている彼は、今、どのような気持ちだろうか?(続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高知・徳島に行ってきました(1)

 旅行に出発した13日は帰省ラッシュの真っ最中。事前の予想通り、中国道も宝塚のトンネルを先頭に20キロ以上の渋滞。近畿道はすいすい通ることができたが、問題は中国道に入って宝塚まで。吹田ジャンクションがやってきた、決断のときだ。とっさの判断で並行して走る一般道に行く。

 これが正解。車が全く動かない高速道路を尻目に、すいすいと進む。宝塚から中国道に入ったが、高速道を走ったときに比べて30分ほど節約できたようだ。トンネルまでは渋滞が続くが、いくつかあるトンネルを抜けると、渋滞は解消した。

 この宝塚のトンネルは渋滞の名所。これを解消するには、第二名神をつくるしかないだろう。建設費が高いので、京都付近はつくらない、との話があるが、あれは道路関係四公団民営化推進委員の猪瀬直樹氏が関西の現状を知らないだけだろう。京滋バイパスは、あくまでも京都を迂回するだけの効果しかない。

 さて、車は瀬戸大橋を通って高知道へ。地図を見ようと高知の手前にある、南国サービスエリアで最後の休憩。南国サービスエリアは、終点に近いこともあって、下り線はレストランもガソリンスタンドもない小さなサービスエリアだが、目に付くものがある。それは、土佐電鉄の新型路面電車、「ハートラム」。ジュースの自動販売機とベンチがある。中の売店では、土佐電鉄のグッズも売られている。ここの売店は、土佐電鉄の経営なのだ。(続く)

| | Comments (0) | TrackBack (0)