JR東日本、摺沢-盛間に臨時バス

 大船渡線は建設時の経緯から、一ノ関-気仙沼間をまっすぐ走らず、一部区間が北に飛び出ています。この線形から、ナベヅル線とも呼ばれています。大船渡線の愛称の「ドラゴンレール」も、この線形から来ています。また気仙沼からは北に向かっているため、その飛び出ている部分と盛を結ぶと、気仙沼はかなり南に寄っているように見えます。

 大船渡線気仙沼-盛間などで導入されているBRTは、本数は充実しているものの、高速性には問題があるとされています。そこでJR東日本は地元自治体の要望を受け、利便性向上の一環として、飛び出ている部分にある摺沢と盛を直結するバスをゴールデンウィークの期間限定ながら運行することにしました。

 JR東日本のグループ会社のジェイアールバス東北が運行するこのバスは摺沢(摺沢駅前)-盛(盛駅前)間を結びます。国道343号線を経由し、途中、矢作二又(旧陸前高田市森林組合付近)と陸前高田(BRT陸前高田駅)に停まります。4月28日から5月7日の10日間の期間限定の運行で、摺沢駅前発が11時ごろと17時ごろ、盛駅前発が8時ごろと15時ごろの1日2往復の予定です。所要時間は約80分で(摺沢-盛間で見れば、気仙沼での乗り換えがないことから、上りが50~60分、下りが20~30分程度の短縮となります)、一ノ関方面との列車の接続に配慮しています。運賃はひと停留所ごとに500円、摺沢-盛間ならば途中に2つの停留所がありますので、500×3=1500円です。ただ、このバス区間を含むJRの切符をあらかじめ持っている人は、そのJRの切符でも乗車することができます。
(参考:JR東日本盛岡支社ホームぺージ https://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/press/pdf_1490157657_2.pdf、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2017/03/22/292452.html、岩手日報ホームぺージ https://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20170323_6)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

根室線落合-新得間にも代行バス

 根室線の東鹿越-新得間は2016年8月の台風被害により不通となったままです。このうち、東鹿越-落合間は2016年10月17日から代行バスの運行がありましたが、落合-新得間はその代行バスさえもありませんでした。

 ところが、ようやく3月28日から、落合-新得間の代行バスの運行を始めます。バスとはいえ、根室線がつながるのです。落合-新得間についても、現行の東鹿越-落合間の代行バス(下り4本、上り6本)を延長させるかたちで運行され、東鹿越-新得間が下り4本、上り5本、東鹿越-落合間が早朝の上り1本です(落合6:08発)。東鹿越-新得間の所要時間は下りが約1時間、上りが約1時間5~10分です。
(参考:JR北海道ホームぺージ http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2017/170322-1.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

富山県内に2種類のフリーきっぷ

 2月まで発売され、現在では使えないフリーきっぷについての話ですが、備忘録として載せておきます。

 北陸新幹線で富山を訪れた観光客や地元富山県民に、公共交通機関を使った観光を楽しんでもらうため、富山県と富山県内の公共交通機関が連携して、2種類のフリーきっぷを発売していました。その名前は「とやま1日乗り放題きっぷ」、中央エリアと東部エリアの2種類がありました。

 中央エリアの対象路線はあいの風とやま鉄道の富山-高岡間、万葉線、富山ライトレール、射水市のコミュニティバス(「海王丸パーク・ライトレール接続線」)、加越能バスの高岡駅-新高岡駅間です。以前あった、「鉄軌道王国とやま 1日周遊乗り放題きっぷ」に似ています。発売期間は2016年10月15日から2017年2月26日(利用日の1か月前から当日まで発売)、利用期間は2016年10月15日から2017年2月26日の休日1日限りです(2016年12月31日~2017年1月2日は除きます)。値段は大人1000円、子供500円で、あいの風とやま鉄道の富山-高岡間の各駅窓口、万葉線の車内、本社窓口、新高岡駅観光案内所では発売していました。

 東部エリアの対象路線はあいの風とやま鉄道の越中宮崎-富山間、黒部市内バス(新幹線市街地線、新幹線生地線)、魚津市民バス(市街地巡回ルート)です。乗り物のバラエティという面では、行き帰りで違うルートをとることができる中央エリアのほうが面白そうです。値段は大人1200円、子供600円で、あいの風とやま鉄道の泊-富山間の一部を除く駅窓口、黒部市地域観光ギャラリー「観光案内所」で発売していました。発売期間、利用期間は中央エリアと同じでした。
(参考:富山県ホームページ http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1003/kj00015811-001-01.html、http://www.pref.toyama.jp/cms_sec/1003/kj00015811-002-01.html、あいの風とやま鉄道ホームぺージ http://ainokaze.co.jp/3674)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

陸前高田市内にBRT新駅

 4月1日に気仙沼市内にBRTの新駅ができるということはすでに記事にしましたが、同日にダイヤ改正も行います。気仙沼や盛での接続改善が主な内容です。新駅の八幡大橋(東陵高校)にはすべての便が停車し、主な駅までの運賃は、気仙沼が190円、陸前高田が410円、盛が760円です。

 しかも、BRTの駅はさらに増えます。4月27日のことですが、陸前高田新中心市街地の公共駐車場やまちなか広場等の供用開始に合わせて、陸前高田-高田高校前間に新駅、まちなか陸前高田を新設します。一般道上にできるため、設備はバスポールのみです。
(参考:JR東日本盛岡支社ホームぺージ http://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/press/pdf_1487640848_1.pdf、http://www.jr-morioka.com/cgi-bin/pdf/press/pdf_1487641245_1.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京-大阪間の新型夜行高速バスは「DREAM Relier」

 東京と大阪を結ぶ新しいJRバスグループの夜行バスについての続報です。

 以前の記事でこの新しい夜行高速バスの名称を募集していましたが、2375件の応募があり、「DREAM Relier<ドリームルリエ>」と名付けられました。「DREAM Relier」の「Relier」とはフランス語で、結ぶ、縁をつなぐという意味です。

 「DREAM Relier」は3月31日に運行を開始しますが(翌4月1日に東京-京阪神線のダイヤ改正及び運賃改定を行います)、「DREAM Relier」には2つのクラスがあります。2列シートで4席だけの「プレシャスクラス」と3列シートで14席ある「アドバンスクラス」です。「プレシャスクラス」は「プレミアムドリーム号」のプレミアムシートを採用(レッグレストにヒーターもあります)、「アドバンスクラス」は「グランドリーム号」の新型クレイドルシートをベースにしてリクライニング機能を向上させたものを採用しています。どちらもグレードの高いシートです。

 ダイヤは東京発の1号が東京駅八重洲口23:10発、バスタ新宿23:50発、大阪駅JR高速バスターミナル7:50着、大阪発の2号が大阪駅JR高速バスターミナル23:00発、バスタ新宿6:59着、東京駅日本橋口7:24着です。運行開始初日の3月31日はこれとは違う特別ダイヤで運行します。それぞれの出発時間は変わらないものの、バスタ新宿は通過し、到着は早くなります。運賃はA~Dの4ランクに分けられ、プレシャスクラスは14000~18000円、アドバンスクラスは10400~12500円となります。プレシャスクラス、アドバンスクラスともに学割は500円引き、Dランクのみ適用されるアドバンスクラスの「早売1」は9800円です(プレシャスクラスは設定がありません)。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/03/page_10076.html)

| | Comments (0) | TrackBack (1)

龍神自動車等、高野山駅前-本宮大社前間を毎日運転

 世界遺産の高野山と熊野とを直結するバスについては2017年度も運行されます。2016年度に引き続いてのものです。

 「世界遺産『高野山・熊野』聖地巡礼バス」と名付けられたこのバス、運行期間は4月1日から11月30日までの244日間、平日は午前便の1往復のみ、休日は2往復あります。休日や行楽シーズンのみ運行した2016年度と違い、2017年度は平日も走ることになりました。高野山駅前-本宮大社前間を走りますが、護摩壇山と栗栖川で乗り換えです。運賃は高野山駅前-本宮大社前間が5000円(区間運賃あり、当日限りですが途中下車もできます)、所要時間は最速4時間10分です。運行会社は龍神自動車と南海りんかんバス、電話予約のほかに3月1日からインターネットでの予約もできるようになりました(空席があれば予約なしでの乗車もできます)。

 「世界遺産『高野山・熊野』聖地巡礼バス」は公共交通では行きづらい高野山と熊野を直結するとともに、これまた公共交通で見づらい、紀伊半島内陸部の雄大な景色を望むことができます。
(参考:JR西日本ホームぺージ https://www.westjr.co.jp/press/article/2017/02/page_10050.html、紀伊民報ホームぺージ http://www.agara.co.jp/news/daily/?i=330561&p=more)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

西鉄高速バス等、福岡-下関線で小荷物輸送サービスを始めていた

 西鉄の高速バスの中には、人間だけでなく小荷物を運ぶことができる路線もあります。2月13日現在ですが、西鉄天神高速バスターミナルから小倉(砂津)、大分、熊本、宮崎、佐賀、佐世保、長崎などへ小荷物を運ぶことができます(長崎へは小荷物を送るのみ、受け取りはできません)。

 この小荷物輸送サービスですが、2月20日から福岡と下関を結ぶ「ふくふく号」でもできるようになりました。荷物の発送、受け取り場所は福岡側が西鉄天神高速バスターミナル(9~17時、受け取りは20時まで)、下関側がサンデン交通東駅営業所(9~16時、受け取りは20時まで)です。客室床下にあるトランクに入れて送ります。受取は当日中で、始発を17時台までに出る便で送ります。規定のサイズに入る本、書類、洋服、雑貨、加工食品、飲料などを送ることができ(現金、精密機器、ガラス製品、生もの、冷凍食品、動物、貴金属類、ゴルフバッグ、発火性のある液体等は不可)、料金は片道運賃と同じ1個1540円です(着払いはできません)。

 急ぎの書類を送りたいときなど、知っておいたほうが良いかもしれません。
(参考:西鉄ホームページ http://www.nishitetsu.co.jp/release/2016/16_113.pdf、山口新聞ホームぺージ http://www.minato-yamaguchi.co.jp/yama/news/digest/2017/0221/3p.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

西鉄北九州-福岡線に博多駅直通便

 西鉄は3月18日、高速バス北九州-福岡線のダイヤ改正を行います。

 今回のダイヤ改正のテーマは、博多駅に直通する便の新設。北九州-福岡間のバスは、天神及び福岡空港を目指していますが、今回のダイヤ改正で博多駅(博多バスターミナル)を目的地とします。博多駅方面へのバスは上下合わせて平日27便、土曜24便、日祝23便運行しますが、平日朝の小倉発(3便)と夕方の福岡発(4便)については、博多駅経由で山王一丁目を発着し、オフィスビルが多い博多駅南エリアへの通勤に便利なものとなります。

 小倉駅前-博多駅間の所要時間は約1時間29分、大人の片道運賃は1130円、大人の通勤定期は1か月42300円です。定期券を持っている人は、小倉都心フリーエリアと福岡都心フリーエリア内の路線バスが乗り放題となります(山王一丁目までの定期券で福岡都心フリーエリア乗り放題を希望する人は、追加料金が必要)。

 なお、既存の北九州-福岡間の高速バスも運行回数や時刻の変更を行います。
(参考:西鉄ホームページ http://www.nishitetsu.co.jp/release/2017/16_130.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三重交通のリムジンバス金城ふ頭駅に停車、JR東海バスも直行便

 「レゴランド・ジャパン」に行くには、ノンストップ列車もできる名古屋からあおなみ線に乗るのが一番便利でしょうが、バスで行く方法もあります。つばめ自動車のバスが名古屋港から出ますが、他社もバスを運行します。

 三重交通は中部国際空港と桑名を結ぶバスを運行していますが、これが4月1日から金城ふ頭駅に停まります。4.5往復のうち3往復が金城ふ頭駅に停まります。中部国際空港、桑名の両方向に乗降することができ、中部国際空港-金城ふ頭間が40分、1000円、金城ふ頭-桑名駅前間が45分、700円です(長島温泉も同額)。三重交通の「emica」や全国の交通系ICカードも使えます。

 ジェイアール東海バスも負けてはいけません。4月1日から、週末など運行日限定なのですが、中部国際空港-金城ふ頭駅間に1日4往復のバスを走らせます。3列シートの2階建てバスを使い、所要時間は40分、運賃は1000円です。あおなみ線とのセットの切符もあり、名古屋-金城ふ頭-中部国際空港間が1200円です。
(参考:三重交通ホームぺージ http://www.sanco.co.jp/other/release170303.pdf、ジェイアール東海バスホームぺージ http://www01.jrtbinm.co.jp/recommend/directline/index.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1年に1本だけのバス路線、1日3往復に大増発?

 京都バスは3月18日、ダイヤ改正を行います。

 改正点はいろいろありますが、その中に55系統の新設というのがあります。貴船口-市原-静原-大原間を結ぶバスです。洛北の観光地として知られる貴船口と大原を直結するバスで、1日3往復、貴船口-大原間の所要時間は24分です。

 実はこの区間、以前当blogで「免許維持路線」として取り上げた95系統が走っている区間とほぼ同じです。95系統は大原から静原学校前、市原、貴船口を経て鞍馬に至るバスで、春分の日に1本だけ走るバスです。ところがこのダイヤ改正で誕生する55系統はルートは若干異なりますが、毎日走ります。洛北観光には使えるかもしれません。

(追記)
 95系統も引き続き年1回運行します。
(参考:京都バスホームぺージ http://www.kyotobus.jp/rosen/~pdf/daiyakaisei290318.pdf、http://www.kyotobus.jp/route/timetable/kana05/ohara.html、乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/66211/2/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧