名古屋市交通局の一日乗車券、「敬老パス」、ガイドウェイバスの動き

 名古屋市交通局の話題をいくつか。いずれも6月21日の名古屋市議会本会議で出た話です。

 名古屋市交通局には1日乗車券がありますが、そのうちの地下鉄に乗り放題の1日乗車券(740円)について、有効期限を東京メトロのように、使用開始時から24時間に変えることを検討することを明らかにしました。2020年の東京オリンピックまでに実施することを目指しています。現行だと夕方に1日乗車券を買っても終電までしか使えませんが、24時間有効だと、翌日の午前中もそのまま使えます。名古屋に遊びに来た観光客にはうれしいサービスです。

 65歳以上の名古屋市民だと大変お得なのが「敬老パス」。年1回1000~5000円というわずかな負担金で市営地下鉄や市営バスが乗り放題となります。そして高齢者でこのところ問題になっているのが、高齢ドライバーが起こす事故の問題。運転免許を取るにはそれなりの練習が必要ですが、その後の更新は非常に簡単で、技量が落ちていてもなかなか返納してくれません。そこで名古屋市交通局は自主返納を促進させるため、自主返納をした人は1回だけ負担金をなしにすることを考えています。確かに自主返納を促すには有効な策でしょうが、低所
得者や障害者でない限り、運転免許証の自主返納をしないと「敬老パス」を与えないというのも一つの策かもしれません。

 最後に紹介するのが、バスの自動運転の話。バスの運転士不足は深刻な問題で、事業者の頭の痛いところです。とは言っても、研究はいろいろ行われているものの、歩行者もほかの車も通る一般道でバスの自動運転を行う技術はまだ確立していません。しかし名古屋市にはバスしか通らない道があります。正確には鉄道の一種ですが、ガイドウェイバスの大曽根-小幡緑地間です。ここで2018年度にバスの自動運転の実験を行います。バスに特別な装置を取り付け、自動で加速や減速を行います。安全性やバス停を定時に発着できるかどうかを検証します。実験の具体的な内容や時期、費用の負担(国の補助金があるのでしょうか?)についてはこれから決めます。
(参考:朝日新聞6月22日朝刊 中部14版)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

JRバスも仙台-金沢間に夜行バス

 現在、仙台-金沢間の高速バスは北陸鉄道と富山地方鉄道の共同運行によって運行されていますが(山形、富山経由の夜行)、この仙台-金沢間の夜行バスに新たな業者が参入することになりました。

 新たな業者はジェイアールバス東北と、西日本ジェイアールバス。2社が初めて共同運行します。7月28日から週末を中心(8月は毎日)に運行するバスの名前は、「百万石ドリーム政宗号」。どこを結ぶかすぐわかる名前です。金沢行きは仙台駅23:00発、富山駅7:00着、金沢駅8:10着、仙台行きは金沢駅22:10発、富山駅23:20発、仙台駅7:20着のダイヤで走ります。

 バスは3列完全独立の新型クレイドルシート、ゆりかごのような心地を味わうことができます。隣りから見られることのないカーテン、充電に使えるコンセントもあります。運賃は日によって変わり、仙台-金沢間で9500~9900円、仙台-富山間で9000~9400円ですが(北陸鉄道等と同水準か、若干高めです)、お得な「早売5」、「早売1」の設定があり(乗車変更ができず、販売席数に限りあり)、9月30日乗車分までは仙台-富山・金沢間が7000円となる、割引キャンペーンも行います。
(参考:西日本ジェイアールバスホームぺージ https://www.nishinihonjrbus.co.jp/news/2115/、北陸鉄道ホームぺージ http://www.hokutetsu.co.jp/highway-bus/sendai)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アルピコ交通、大阪・京都-扇沢・白馬間にバス

 アルピコ交通(実際の運行は、2016年に関西圏でのバス事業拡大を目指して設立された、完全子会社のアルピコ交通大阪が行います)は6月30日から、大阪・京都と扇沢・白馬・小谷村を直結する高速バス、「大阪・京都-白馬・扇沢線」(大阪(阪急三番街)-白馬コルチナ間)の運行を開始します。

 このバスは大阪発が夜行で、白馬発が昼行。4列シートで、トイレ付きです(2号車以降はトイレがありません)。特定日のみの運行で、11月5日までの週末(大阪発は金土と祝前日、白馬発は土日と祝日)と7月14日から9月23日までの毎日(大阪発の場合、白馬発はその翌日)走ります。主な停留所のダイヤは大阪発が大阪(阪急三番街)22:40発、新大阪22:49発、京都駅八条口23:55発、信濃大町駅5:48着、扇沢駅6:28発、白馬町7:20着、白馬コルチナ8:00着、白馬発が白馬コルチナ14:00発、白馬町14:40発、信濃大町駅15:13発(扇沢駅は経由しません)、京都駅八条口21:05着、新大阪22:10着、大阪(阪急三番街)22:20着です。白馬側はこのほかにも、安曇野穂高、白馬五竜、白馬八方バスターミナル、栂池高原、白馬乗鞍に停まります。

 運賃は大阪・京都-扇沢・白馬間の場合、大阪発が8400円、白馬発が7400円です。
(参考:アルピコ交通ホームぺージ http://www.alpico.co.jp/traffic/news/002926.html、http://www.alpico.co.jp/access/express/hakuba_osaka/、北陸新幹線で行こう! 北陸・信越観光ナビ http://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000010873)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宮城教育大がたった500メートルの短距離送迎バスを走らせる

 宮城教育大は平日の夜、大学正門から地下鉄東西線青葉山駅に向かう無料のバスを走らせています。27人乗りのマイクロバスを使い、18時台から22時台まで約15分間隔で運行しています。2016年10月から試行を行い(試行の5か月間、1日平均で126人の利用がありました)、4月から本格運行を行っています。

 しかし、このバスが走るのは大学正門から最寄り駅までのたった500メートル、1分余りで着いてしまいます。なぜこんな短距離のバスを走らせるのかと言えば、付近でツキノワグマの目撃が相次いでいるため。宮城教育大付近では2016年以降、8件の目撃情報があります。夜は街灯が少なく、道が暗いので、学生には評判のようです。大学側も女子学生も多いという事情から、なにかあってはいけないということでバスを走らせています。このような動きはほかの大学でも見られるようです。

 実は、2015年12月の地下鉄東西線開業前は大学正門から仙台駅へ直通するバスがあり、それに乗ればよかったのですが、バスが廃止されたので、最寄り駅まで歩かざるを得なくなったのです。地下鉄の開業により並行する区間のバスが整理されるのはよくある話ですが、クマが出没するというのであれば、何らかの対策をとらざるを得ません。
(参考:河北新報ホームぺージ http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201705/20170524_13049.html)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東京-京阪神間の「ドリーム号」等、7月から「得割」

 東京-京阪神間、そして横浜-京都・大阪間のJRグループの高速バスの運賃について、7月1日運行分から変更があります。

 このうち、東京-京阪神間のについて言えば、従来、「早売5」、「早売1」といった早期購入割引がありますが、これを廃止し、乗車日の出発時刻までの購入でお得に利用することのできる、「得割」というものを導入します。「プレミアムシート」には乗車日により設定がない場合がありますが、3列シート、4列シートの車両についてはすべての日のすべての便において設定があります。例えば、「ドリーム号」等の3列シートの場合、普通運賃が6000~11000円であるのに対して、「得割」は5800~10800円となります(どちらも乗車日、購入日によって運賃が変わります)。「得割」の販売席数は、乗車日や便によって異なり、限りがあります。「得割」の変更はできず、変更したいときはいったん払い戻して、買い直す必要があります。ただ払い戻し手数料がかかり、乗車日12日前までが100円、11日前から乗車時刻までが20%かかります。
(参考:西日本ジェイアールバスホームぺージ https://www.nishinihonjrbus.co.jp/news/1697/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日光と那須を結ぶバス

 日光や那須は栃木県の国際的にも有名な観光地ですが、公共交通では直結するものがありません。宇都宮などを経由する必要があります。

 実は2018年に、栃木県でデスティネーションキャンペーン
が行われます。そこで5月13日から6月4日までの週末の8日間、東武日光駅と那須湯本温泉とを結ぶバス、「日光・那須 満喫ライナー」を観光協会などが参加する実証実験として走らせます。

 バスは東野交通と日光交通が運行します。東武日光駅と那須湯本温泉との間を1日2往復、2時間半で結びます。途中、鬼怒川、湯西川、塩原、板室の各温泉を回ります(8か所に停まります)。バスガイドもついて、東武日光駅-那須湯本温泉間の場合、大人2500円、子供1750円です。
(参考:朝日新聞ホームぺージ http://www.asahi.com/articles/ASK4G3SR5K4GUUHB00P.html、下野新聞ホームぺージ http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20170514/2689984)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

福岡の連節バス、6月10日から大増便

 天神、博多、ウォーターフロントを結んでいる福岡の連節バスですが、6月10日から新たな段階に入ります。

 これまでは内回り、外回りともに6便ずつしかなく、運行間隔は100~110分間隔と気軽には使えないものでしたが、台数がこれまでの2台から7台に増えたことにより、大幅な増発がなされます。内回り、外回りともに31便の合わせて62便、すなわちこれまでの5倍に増えます。運行間隔も20~30分間隔となり、使いやすくなります。また、新たに蔵本にも停車させます。蔵本は高速バスや郊外からのバスとの結節点なのです。なお、運賃は現行と同じ天神-博多駅間100分、天神-ウォーターフロント地区間190円、博多駅-ウォーターフロント地区間230円となっています。ほかの路線バスと同じ値段で、定期券等も使えます。そのほか、連節バスの定員が多いことを活かして、ヤフオクドームなどでのイベント数量時の輸送手段としても考えているようです。

 また同じ6月10日には、博多駅と福岡空港国際線ターミナルとを結ぶ「Fukuoka Airport Bus」の増便もなされます。博多駅(博多バスターミナル)と福岡空港国際線ターミナルとをノンストップで結ぶ、直行が20便から42便に倍増します。運賃は博多駅-福岡空港国際線ターミナル間が260円、天神-福岡空港国際線ターミナル間が310円です。
(参考:西鉄ホームぺージ http://www.nishitetsu.co.jp/release/2017/17_029.pdf、http://www.nishitetsu.co.jp/release/2017/17_036.pdf、西日本新聞ホームぺージ https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/329397/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

飛島村のバス

 愛知県飛島村は、名古屋市の西隣にある村です。しかしここは企業の工場などがたくさんあるため、財政的には非常に豊かです。

 さて、この村には鉄道がありません。公共交通機関はバスだけです。飛島村は2009年度からバス路線2路線と事前予約制の乗合タクシーを運行しています。名古屋港駅と臨海部とを結ぶ名港線、近鉄蟹江駅と村内とを結ぶ蟹江線の2路線があるのです。

 名港線は名古屋市営地下鉄名古屋港駅、築地口駅、あおなみ線稲永駅と飛島村ふ頭内を結ぶものです。伊勢湾岸道を経由するため、車両もそれに対応したものになっています。日中でも1時間に1本運転されていて、運賃は500円です(飛島村内のみは200円)。

 蟹江線は近鉄蟹江駅と飛島村公民館分館を結ぶもので(平日のごく一部は飛島ふ頭まで直通)、公民館分館で名港線と接続します。高速道路を通らないため、車両は路線バスタイプです。平日の日中は40分に1本、休日の日中は1時間に1本運転しています。運賃は200円です。

 利用状況も公表されています。名港線は平日に比べて休日の利用者は明らかに少なく、飛島ふ頭への通勤客が多いと思われます。蟹江線はそれに比べると差が小さく、日常的な利用があると思われます。
(参考:飛島村ホームぺージ http://www.vill.tobishima.aichi.jp/bus/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

フェリーに乗る高速バス、休止していた

 広島と大分を結ぶ、広交観光と大分交通の高速バス「別府ゆけむり」号。ショートカットするため、途中の徳山港-竹田津港間でフェリーを利用していました。

 ところがこの珍しい形態の高速バス、もう利用できないのです。1月9日の運行をもって、休止していたのです。

 かつてはほかにもいくつか、途中にフェリーを挟む形態の高速バス、長距離バスがありましたが、「別府ゆけむり」号の休止で、残るのは三州自動車の鹿児島-鹿屋間のバスぐらいです。
(参考:大分交通ホームぺージ http://wp.oitakotsu.co.jp/wp-content/uploads/2016/11/b639e53a9df78c1b0129d4f55e164f0f.pdf)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

古川・高山-高岡間にルートきっぷ

 高山は2016年12月のユネスコ無形文化遺産に登録された高山祭があるところ(飛越能地域では合わせて5つの祭りが登録されました)、そして飛騨古川は「君の名は。」の舞台となったところです。その高山、飛騨古川へ使えるよう、濃飛乗合自動車と加越能バスは5月1日から、「白川郷・五箇山 ルートきっぷ」の発売を開始しました。

 このきっぷは、飛騨古川-高山-白川郷-五箇山地区-高岡間の片道きっぷですが、白川郷-高岡間は逆戻りしない限り自由に乗り降りできます。また、高山-白川郷間は高速バスを使いますが(休日等運休の1往復を含めて、15.5往復もあります)、予約制便を含めて全便利用することができます(予約制便は要予約)。白川郷-高岡間のバスもいつの間にか増えていて、休日は白川郷-城端駅前間の区間運転を含めて9往復あります。値段は高山-高岡間が大人3980円、飛騨古川-高岡間が大人4190円、いずれも発売日当日から3日間有効です。高山濃飛バスセンター、加越能バス乗車券センター(高岡駅)、新高岡駅観光交流センター等で発売しています。
(参考:加越能バスホームぺージ http://www.kaetsunou.co.jp/3864/)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧