« 愛知万博に行ってきました(4) | Main | 愛知万博に行ってきました(6) »

愛知万博に行ってきました(5)

a-bampaku12 午後のメインは長久手日本館。西ゲートの近くにある、茶色のドームがそれだ。このドーム、竹を編んで作られたものである。

 地球の環境問題を訴える映像を抜け、動く歩道に乗りながら戦後の日本の暮らしを振り返る。手前にはその時代を象徴するアイテムが置かれている。1980年代のコーナーには、ファミコンが置かれていた。懐かしかった。

 長久手日本館の売りは、世界初の360度全てで映像が見られるスペース。上も下も左も右も全て映像だ。「アベマリア」のBGMとともに映像が流れる。でも、あと1フレーズで音楽が終わろうとするときに、映像は終わってしまう。この点が不満だ。

 スロープを降りると、人工的な竹林がある。建物の中だが、森の中を歩いているような気分。床も微妙にでこぼこをつけている。時々、霧もかかってくる。滝しぶきを浴びたような気分だ。(続く)

| |

« 愛知万博に行ってきました(4) | Main | 愛知万博に行ってきました(6) »

愛知万博」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 愛知万博に行ってきました(5):

» 愛・地球博②-行った、並んだ、疲れた! [soramove]
愛・地球博② 9:30頃 長久手日本館入場 長久手日本館は 大きな竹カゴに包まれた 楕円形の 不思議な形をしています。 すぐ隣の「大地の塔」が 黒く垂直に高くそびえているのとは 対照的に、うねる様な 緩やかなカーブに包まれた 新しい発想で作られた建物。...... [Read More]

Tracked on 2005.05.30 07:30 AM

« 愛知万博に行ってきました(4) | Main | 愛知万博に行ってきました(6) »