« ライブドア堀江社長逮捕でマスコミ大喜び? | Main | 公園でも住んでいいの? »

中国に親しみを感じない人、過去最高の63.4%

 昨年10月、内閣府が全国の成人3000人に対して、「外交に対する世論調査」を行いました。その結果、「中国に親しみを感じる」と回答した人の割合は、調査を開始した1978年以降では最低の32.4%でした。これに対して、「親しみを感じない」と回答した人は、過去最高の63.4%でした。この結果は、いろいろなところに現れています。

 このところ本屋でよく売れているのが、中国のマイナス面を書いた本。昨年7月に、日韓の歴史問題に触れた「マンガ嫌韓流」という本が売れましたが、それに刺激された面もあるようです。今まで多かった中国の経済発展を賛美する内容の本は、勢いを失っているようです。

 旅行でも中国の人気は衰えています。この年末年始、関空からアジア方面への旅行者は前年比で40%増えましたが、中国は30%減っています。大手旅行会社の近畿日本ツーリストでも、年末年始の中国の旅行者が30%減り、台湾が30%増えています。

 今まで活発であったビジネスにも影響を与えています。人民元切上げ予測や契約に絡むトラブルのほか、反日暴動で被害を受けるリスクも考えられるからです。

 普通、交渉の世界では、こちらが譲歩すれば、向こうもある程度は譲歩してくれます。しかし、現在の日中関係では、そのような期待はできません。中国側は「自分たちは正しい」と言い張るのみです。これでは、日中間の諸問題の解決は難しいでしょう。
(参考:Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060125-00000025-san-soci&kz=soci)

|

« ライブドア堀江社長逮捕でマスコミ大喜び? | Main | 公園でも住んでいいの? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中国に親しみを感じない人、過去最高の63.4%:

« ライブドア堀江社長逮捕でマスコミ大喜び? | Main | 公園でも住んでいいの? »