« おでんの缶詰 | Main | 金本選手、世界新記録を達成! »

くじで選挙区を決める

 6日、あるくじ引きが行われました。

 このくじ引きで決めたのは、議員の選挙区。堺市が今月1日から政令指定都市になったのは御存知のこととは思いますが、公職選挙法の規定に伴い、府議会議員の選挙区が今までの全市1区から区ごとに6区(人口の少ない東区・美原区はまとめて1つの選挙区)に分けられました。堺市の府議会議員は9人(定数は10なので、1人欠員)ですが、議員の住所で振り分けたところ、西区には定数2のところ、3人いました。そこで、西区の議員のうち1人が、定員に1人足らない東・美原区(定数1)か南区(定数2)に移ることになりました。

 3人の議員がくじ引きをしたところ、移る議員が決定しました。その議員が、今度は移る先を決めるくじを引くことになります。結局、彼は東・美原区に移ることになりました(もし、彼が南区に移ったなら、東・美原区には議員がいないことになり、5000万円かけて補欠選挙をやらないといけなかったようです)。

 もっとも、来年の選挙には、東・美原区に移った議員も、なじみのある西区に戻って立候補することができます。来年の選挙を考えると、東・美原区では熱心に活動しない可能性は高いです。そう考えると、法律だからやむをえない面はありますが、何のためのくじ引きかわからないですね。選挙区の変更は、選挙のときにやればいいでしょう。
(参考:Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060405-00000026-san-pol、http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060406-00000008-abc-l27)

|

« おでんの缶詰 | Main | 金本選手、世界新記録を達成! »

ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference くじで選挙区を決める:

« おでんの缶詰 | Main | 金本選手、世界新記録を達成! »