« 名古屋市交通局、新1日乗車券好調 | Main | 輪島 »

現金なものだ

 1日、日本プロ野球選手会は、外国人選手を除く全選手の年棒調査結果(出来高払い分を除く)を発表しました。プロ野球選手743人の平均年棒は、昨年より8万円増え、3751万円。開幕1軍選手の平均は、6583万円。1億円以上の年棒をもらっている選手は72人いました。

 ところで、阪神の平均年棒は4591万円、1軍だけに限ると8904万円でした。これは巨人、中日に次ぐ第3位の数字となります。最下位の常連であったころの1998年時点では、平均年棒も12球団中、最下位でした。金本選手に代表されるように、優秀な選手を集め、積極的に投資するようになって、強くなったのです。お金をかけたら確実に強くなるわけではありませんが、平均年棒と強さはある程度の相関関係があるようです。

 阪神ファンは熱狂的なので、甲子園以外でも遠征してくれます。一説によると、巨人戦よりも阪神戦のほうが集客力があるようです。プロ野球の人気のためにも、阪神球団にはケチになってもらいたくはないです。
(参考:中日新聞5月2日朝刊 12版)

|

« 名古屋市交通局、新1日乗車券好調 | Main | 輪島 »

スポーツ」カテゴリの記事

タイガース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 現金なものだ:

« 名古屋市交通局、新1日乗車券好調 | Main | 輪島 »