« 消えた駅を訪ねて(4) | Main | 阪神タイガースショップ、名古屋進出 »

北宇智駅、スイッチバック解消

 鉄道はレールの上をすべるように走るので、少ないエネルギーで人や物を運ぶ長所があります。その反面、急坂に弱いという短所もあります。特に駅が問題です。いったん停まった列車が発車するとき、急坂だと登ることができない場合もあります。

 そこで考え出されたのがスイッチバック。本線から分岐させるなどの方法で、平らなところに駅を置きます。駅に停まろうとする列車は、線路を行ったり来たりしないといけません。

 そのスイッチバック、関西では北宇智駅にのみ存在していましたが、この3月のダイヤ改正を以って消えます。ダイヤ改正前日の3月17日の21:58発の列車がスイッチバックを通る最後の列車になり、それから翌日の9:00までは北宇智駅を通過(17日の22、23時台の列車も通過?)。9:00~17:30の間は、吉野口-五条間を運休し、バスを出します。本線上に置かれる、新しい北宇智駅に列車が停まるのは、それ以降となります。

 蒸気機関車は坂を登る力が弱かったのですが、今は北宇智駅を通るのは電車ばかり。急勾配上に駅があっても問題ではありません。スイッチバックがあれば、運転士は車両を行ったり来たりして時間をロスします。特殊な運転操作も要求されます。駅近くに踏切がありますが、その閉まる時間も長くなります。それが解消されるのです。

 スイッチバックの解消まで2ヶ月足らず。北宇智駅は大阪近郊区間に入っているので、ただ乗るだけなら120円で最後の体験をすることもできます。
(参考:msnニュース http://www.mainichi-msn.co.jp/chihou/nara/news/20070125ddlk29040006000c.html)

| |

« 消えた駅を訪ねて(4) | Main | 阪神タイガースショップ、名古屋進出 »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北宇智駅、スイッチバック解消:

» 和歌山線北宇智駅、スイッチバック廃止 [阪和線の沿線から]
近畿地方でスイッチバックが現存している和歌山線の北宇智駅。 その昔、蒸気機関車の時代には勾配の問題上、スイッチバックは必須であったようですが、電化され、重量の重たい貨物列車が廃止されて旅客列車だけとなっても、スイッチバックの配線自体は残ったままでした。 ....... [Read More]

Tracked on 2007.03.06 09:45 PM

« 消えた駅を訪ねて(4) | Main | 阪神タイガースショップ、名古屋進出 »