« 北宇智、最後のスイッチバック(1) | Main | 金沢発大阪経由東京行き? »

北宇智、最後のスイッチバック(2)

 橋本から乗った電車は、105系の2両編成。いつの間にか、トイレがついている。もちろん、ワンマン列車なので、無人駅では前の車両しかドアは開かない(117系のように3両以上のものは、ワンマン列車でも全ての扉が開く)。暖房が効いていて、結構暑い。お尻が焼けてくる。

 五条の次が、今回のメインの駅、北宇智だ。北宇智は坂の途中に駅がある。それほどきつくない坂のように思えるが、蒸気機関車の時代はこれでも急坂だったのだろう。電車は、本線から外れたところでいったん停まってから、バックで駅に入る。駅が本線上にはないので、このようにしないと駅に入ることができないのだ。バックで駅に入るときは、運転士はわざわざ後の運転室に行かないといけない。スイッチバックが廃止されると、当然、このような時間のロスも解消できる。

 北宇智は小さい駅なのだが、なぜか駅員がいて、電車も全ての扉が開く。運転士をスイッチバックの運転に専念させるためなのか、スイッチバック廃止のために特別に駅員を置いているだけなのか? ふと本線を見ると、一部分だけバラストが新しくなっているところがある。もしかすると、あのあたりが新しい駅になるのかもしれない。

 次の駅が、近鉄吉野線と接続している吉野口。JR、近鉄ともに上下列車が同時に来る。接続は非常にいい。しかし、次の急行に乗っても近鉄名古屋駅に着くのは同じ時間なので、1本落とすことにする。

 吉野口は、奈良県唯一の駅弁発売駅。名物の「柿の葉寿し」を買おうかと思ったが、残念ながら売り切れであった。

|

« 北宇智、最後のスイッチバック(1) | Main | 金沢発大阪経由東京行き? »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北宇智、最後のスイッチバック(2):

« 北宇智、最後のスイッチバック(1) | Main | 金沢発大阪経由東京行き? »