« 長野電鉄、新旧特急電車の旅(1) | Main | 長野電鉄、新旧特急電車の旅(3) »

長野電鉄、新旧特急電車の旅(2)

 長野電鉄の駅は、地下にある。階段を下りた、薄暗いところが長野電鉄の長野駅だ。JRの大きくて、立派で、きれいな駅とは大違いだ。

 長野電鉄の運賃は高いが(JRのほぼ倍の水準)、格安の切符も売られている。そのひとつが、「日帰り『楓の湯』クーポン」、湯田中駅裏の「楓の湯」に入ることを条件に、たったの1500円で往復できるお得な切符だ。この切符を持っていれば、特急券(100円)を買う必要もない。

 いよいよホームに行く。右側のホームには、かつての看板特急、2000系を使用した普通須坂行きが停まっている。クリームと赤の2色に塗られたこの電車は、1957年のデビュー以来、長野電鉄の看板列車として活躍を続けていたが、あまりにも古くなったので、置き換えられる。真ん中のホームには、10:50発の特急を待つ列ができている。もちろん、展望席狙いだ。

 10:26発の須坂行きは、ガラガラの状態で長野駅を発車した。(続く)

|

« 長野電鉄、新旧特急電車の旅(1) | Main | 長野電鉄、新旧特急電車の旅(3) »

鉄道」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 長野電鉄、新旧特急電車の旅(2):

« 長野電鉄、新旧特急電車の旅(1) | Main | 長野電鉄、新旧特急電車の旅(3) »