« 長野電鉄、新旧特急電車の旅(2) | Main | 長野電鉄、新旧特急電車の旅(4) »

長野電鉄、新旧特急電車の旅(3)

 須坂行きの普通電車は、実はワンマン運転。しかし、車内に運賃箱はなく、運転士は駅で切符を集める気配はない。いわゆる「都市型ワンマン」なのだろう。須坂駅に隣接する車庫には、マルーンに塗られた2000系が休んでいた。

 ここからが今日のメインイベント、特急「ゆけむり」だ。もともとは小田急のロマンスカーであったが、ハイデッカー構造のためバリアフリーに対応できず、製造されてから20年程度しか経っていないのにかかわらず小田急を追われ、4両という短い姿になって長野電鉄にやってきたのである。

 特急「ゆけむり」に乗る。ほぼ満席だったが、何とか座ることができた。座席に座った瞬間、桃ワインの試飲。この列車に乗るまで知らなかったが、観光イベントをやっていたのだ。りんごワインもいただく。

 信州中野で木島線の跡を見ながら右に曲がると、のどかな田園地帯に別れを告げ、急坂を登り始める。何度もぐねぐねと身をよじりながら登る。やがて「ゆけむり」はスイッチバックのなくなった終点、湯田中駅に到着した。(続く)

|

« 長野電鉄、新旧特急電車の旅(2) | Main | 長野電鉄、新旧特急電車の旅(4) »

鉄道」カテゴリの記事

関東・甲信越私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 長野電鉄、新旧特急電車の旅(3):

« 長野電鉄、新旧特急電車の旅(2) | Main | 長野電鉄、新旧特急電車の旅(4) »