« 新銀行東京の経営責任 | Main | 星野氏、阪神監督に復帰 »

痴漢と冤罪

 夕方のラッシュを過ぎた御堂筋線の車内で、「痴漢」は起きました。しかし、この「痴漢」、男女ペアが示談金を取るためにでっち上げたものだったのです。

 この「痴漢」の被害者は、堺市内の会社員男性。警察に犯人扱いされ、その晩は留置所に入れられます(翌日夜に釈放)。家族に連絡することもできず、家族は翌朝に捜索願まで出したのです。

 この「痴漢」がでっち上げであることが判明したのは、事件から1週間後。でっち上げたペアの女(なぜか今のところ逮捕されず、実名も公表されていません)が、自首してきたからなのです。それがなければ、この会社員は完全に犯人となり、刑務所に入れられてしまうところだったでしょう。当然、会社はクビです。

 普通、事件が起これば、警察は犯罪行為を立証するために物証を求めるものですが、痴漢については被害にあった女性の話を聞くだけで、男性は反論の余地なく犯罪者扱いされてしまいます。物証を探すようなことはしません。そのような状況の下では、冤罪も起こるのは当然です。冤罪が判明したときにはもう遅く、これまでの人生は台無しになってしまいます。

 一度ぐらいは話を聞いたことがあるとは思いますが、痴漢を疑われたら、駅の事務室や警察署に行ってはいけません。もちろん、謝ってはいけません。相手はあなたを犯罪者に仕立てようとしています。アウェーで戦うようなものです。
(参考:毎日jp http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080314k0000m040167000c.html)

|

« 新銀行東京の経営責任 | Main | 星野氏、阪神監督に復帰 »

ニュース」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

Comments

こんにちは

痴漢の場合は、女性と目撃者がいれば冤罪が
簡単に成立してしまいますね。

それが事実なら仕方がありませんが、誰かが
意図的に陥れる事も出来るわけです。
警察も女性の話はちゃんと聞かなければいけませんが
加害者とされている人の話も充分に聞き、そして
取調べも録画するなりして、警察の対応が適正かどうかも、知らしめる必要がありそうですね。

取り調べ現場がとても不透明では、冤罪も生まれるのではとの
疑念も出てきますから。

Posted by: まるこ姫 | 2008.03.16 09:45 AM

 まるこ姫さん、こんにちは。

* 痴漢の場合は、女性と目撃者がいれば冤罪が

 痴漢の場合は、容疑者の話を聞かずに、被害者の話だけで捜査を進めていきますから、冤罪の発生する余地が大きいです。

* 取り調べ現場がとても不透明では、

 それをカバーするのが物証です。物は正直に語ってくれます。容疑者にしろ、被害者にしろ、事実を話さないこともある人の発言だけに頼ってはいけません。

Posted by: たべちゃん | 2008.03.16 04:34 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 痴漢と冤罪:

« 新銀行東京の経営責任 | Main | 星野氏、阪神監督に復帰 »