« 「各停」なのに通過する電車 | Main | 堺LRT、本当に2年後にできる? »

国家自ら知的財産を亡きものにする中国

 最新型のデジタル家電は知的財産のかたまり。たくさんの研究者が苦心を重ねたものの結晶です。この知的財産は多額の費用と時間がかかっているがゆえに、保護されます。

 ところが、中国は、政府自ら、その知的財産を亡きものにしようとしています。中国で生産・販売する外国製のIT製品について、中核情報となる「ソースコード」(コンピュータ用の言語で書かれたソフトウエアの設計図)をメーカーに強制開示させる制度をつくりました。強制開示を拒否すれば、その製品の中国での生産・販売ができなくなります。当然、開示に応じれば、中国でコピー商品をつくるのが容易になり、今までの研究の成果を回収することができなくなります。大損です。

 当初、この制度は5月から施行する予定でしたが、日本や欧米諸国などの批判を受け、一定の猶予期間を設けたものの、制度の撤回はまだ行っていません。

 とても世界有数の経済大国らしからぬ振る舞いです。中国は環境や技術などについて、都合のいいように「発展途上国」と主張していますが、そんな態度は認められないのは明らかです。どうしても優れた技術が欲しいなら、特許料を払うか、すでに出回っている製品を研究してつくるかしないといけません。外国の車をコピーするのがかわいく見えます。
(参考:YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/atmoney/news/20090424-OYT1T00053.htm)

|

« 「各停」なのに通過する電車 | Main | 堺LRT、本当に2年後にできる? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

 まぁ、あの国には「知的財産」なんて言葉はありませんからね。

 あの国相手に物を売ろうというのは、コピーされることを承知して売ることでしょうから、特許切れやあまり儲からなかった商品を売るしかないでしょうね。

Posted by: ▲ 飛遊人 | 2009.04.25 08:57 PM

 ▲ 飛遊人さん、おはようございます。

* あの国相手に物を売ろうというのは、

 中国では、「ソースコード」を強制開示され、コピーされてもいいようなものしか作ったり、販売したりすることはできないですね。

 中国にとって自分で自分の首を絞める行為です。

Posted by: たべちゃん | 2009.04.26 06:45 AM

 こんばんは。

 中国は、開示対象を政府調達分に絞ったうえで、実施時期を来年5月に延期しました。

 とはいっても、開示を求めること自体がおかしいものであり、また、中国では国有企業の占める割合が多いことから、「政府調達」が拡大解釈され、広く適用される危険性もあります。
(参考:朝日新聞4月30日朝刊 14版)

Posted by: たべちゃん | 2009.04.30 08:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 国家自ら知的財産を亡きものにする中国:

» どんどんパクリます! [淡海の国から on blog]
以前当ブログでも記事にしたこの件、本当にやるようです。 (読売新聞HPから↓) [Read More]

Tracked on 2009.04.25 10:09 PM

» ITセキュリティー製品の強制認証制度@China+IE8.0インストールしました [ポロと旅する~あさちゃん。と一緒]
「ITセキュリティー」というキーワードで、AFPBBニュース内を検索したのですが、所望のものがでなかったので、代わりにこっち もっとも、昨晩IE8.0をインストールしてもいるんですよね。確かに、IE7.0よりは速くなってます。特に、Gmail。 自分のPC(NEC VN500/R@Vista)で..... [Read More]

Tracked on 2009.04.26 06:43 AM

« 「各停」なのに通過する電車 | Main | 堺LRT、本当に2年後にできる? »