« 福知山線脱線事故、社長起訴に思うこと | Main | コンビニ決済に挑戦! »

「スルッとKANSAI」偽造団、逮捕

 関西の私鉄や地下鉄で使える「スルッとKANSAI」の5000円のカードを8000枚、中国で偽造し、それを暴力団に密輸していた韓国人の偽造団が、韓国ソウルの警察当局に摘発されました。偽カードは1枚1500円で売られ、1200万円の利益を上げたといわれています。

 テレホンカードやハイウェイカードでも起きたように、プリペイドカードの偽造は時々出てきます。どうやら、偽造はそれほど難しくはないようです。根本的な解決は、ICカードしかありません。関西の私鉄もICカードの「PiTaPa」がありますが、「PiTaPa」には重大な欠点があります。

 それは、「PiTaPa」がポストペイ方式をとっていること。プリペイド方式の他のICカードとは違い、後払いなので、クレジットカードのように支払い能力の審査が必要になるのです。誰にでも発行できるわけではありません。敷居が高いので、なかなか普及しないのです。

 もし、「スルッとKANSAI」をなくし、ICカードに移行させたいと思うならば、プリペイドタイプのベーシックなICカードをつくる必要があるでしょう。ICカードの便利さを認識してもらうのです。それともう一つは、魅力的な商品づくりです。「PiTaPa」を使う人には魅力的な割引制度を設けたりするのも手でしょう。わざわざ個人情報をさらすからには、それなりの特典がいるのです。
(参考:YOMIURI ONLINE http://osaka.yomiuri.co.jp/news/20090710-OYO1T00304.htm)

|

« 福知山線脱線事故、社長起訴に思うこと | Main | コンビニ決済に挑戦! »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

Comments

とりあえず
pitapa陣営でのプリペイドカードの発行
JR西日本でポストペイカードの発行
の検討が始まるみたいですね

それと発表になったのは京阪とJRの
ICOCA連絡定期の発行が開始されること

今まで全く連絡定期を発行してなかったことなど
ICカードを普及させたくなかったのかといいたくなりますけど

Posted by: XXX | 2009.12.15 09:12 PM

 XXXさん、おはようございます。

* pitapa陣営での

 京阪で「ICOCA」の販売を始めるようですね。「PiTaPa」はクレジットカードが必要という敷居の高いカードなので、なかなか普及しません。そういう意味では、ベーシックカードの役割を果たすであろう「ICOCA」は重要ですね。

 もちろん、「ICOCA」でICカードの快適さを知った旅客を「PiTaPa」に誘導するため、魅力的な割引制度も必要でしょう。
(参考:JR西日本ホームページ http://www.westjr.co.jp/news/newslist/article/1174606_799.html

Posted by: たべちゃん | 2009.12.16 07:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「スルッとKANSAI」偽造団、逮捕:

« 福知山線脱線事故、社長起訴に思うこと | Main | コンビニ決済に挑戦! »