« なにわ筋線は3ルートを検討 | Main | 羽田に新幹線? »

高速道路、ETCなくても2000円乗り放題

 民主党は高速道路の無料化を行う方針です。そのための社会実験を来年度から行います。概算要求段階では6000億円を要求していましたが、厳しい財政事情の下、1000億円に削減されました。

 来年度の社会実験では、6月にETC利用者限定の高速道路1000円乗り放題をやめ、その代わりにETCのない車も「平等」に上限価格を2000円とします(軽自動車は1000円、トラックは5000円です)。せっかく取り付けたETCも、金銭的なメリットはなくなってしまいます。機械の代金を回収できないうちに。私個人としてはETCを取り付けたのは4年以上前なので、とっくに代金は回収していますが。

 「高速道路が無料になる」とは言っても、首都高速や阪神高速など大都市の高速道路は無料にはなりません。東名、名神などの幹線の高速道路も無料にならない可能性があります。すべて無料にならない限り、高速道路には料金所が存在し、スムーズに料金を徴収する必要が出てきます。そのためにもETCは現段階では有用なものです。今後も普及させたほうがよいETCのメリットをなくす意味はあるのでしょうか?

 上限を2000円とした意味もよくわかりません。今の1000円よりは対象となる日は拡大し、値段も上がるので、渋滞は少しはましになるでしょう。しかし、「いくら乗っても値段は同じ」ということが問題なのです。「どこまで行っても高速料金は変わらないから、遠くまで高速で行こう」という考えになってしまいます。以前にも書きましたが、高速道路の無料化や低額での乗り放題は、鉄道などの中長距離の需要を食ってしまいます。中距離の輸送は、本来鉄道が得意とする分野です。年末年始のJRの予約が低調である原因のひとつにもなっています。

 環境税を設定し、ガソリンにかかる税金を大幅に上げない限り、高速道路は原則有料でもよいでしょう。ただ、これも以前に書きましたが、短距離に関しては今の通勤割引みたいに、大幅に割り引いたり、無料にしてもよいでしょう。高速道路はガラガラなのに、並行して走っている国道が渋滞している、ということは減ります。
(参考:毎日jp http://mainichi.jp/select/wadai/news/20091225k0000e010081000c.html、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2009/12/11/133703.html、asahi.com http://www.asahi.com/politics/update/1227/TKY200912270252.html)

|

« なにわ筋線は3ルートを検討 | Main | 羽田に新幹線? »

道路、車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高速道路、ETCなくても2000円乗り放題:

« なにわ筋線は3ルートを検討 | Main | 羽田に新幹線? »