« 鉄道博物館に行ってきました(5) | Main | 最後の「パノラマカー」タイプ車両、引退 »

鉄道博物館に行ってきました(6)

 ニューシャトルで大宮に戻り(この時点で「PASMO」も残額がなくなった。これで首都圏以外では使えない「PASMO」を手数料を払わずに払い戻すことができる)、大宮15:30発の湘南新宿ライン特別快速小田原行きに乗る。実はこれに乗って西に向かうパターン、かなり接続がよい。名古屋まで接続が10分以上となるのは、小田原の13分のみだ。しかもその小田原でも、夕食の駅弁(「たいめし」)を買う時間に充てることができる。非常に効率的だ。小田原からの普通(17:25発)は、珍しい211系セミクロス車。心配していた熱海での乗り換えも、(熱海からの電車が)6両のため楽に座れる。

 熱海から乗ったこの電車、浜松まで行くのだが、静岡で乗り換え。「ホームライナー浜松1号」が停まっている。乗るには310円を払わないといけないが、これに乗れば名古屋に着く時間が45分近く早くなる。当然、乗車。乗車整理券は、「ICOCA」で払う。ホームライナーは、静岡から近い焼津を除いて、それ以外の市の中心駅には停まる。座席カバーのポケットに乗車整理券を挟んでおけば、検札では何も言われない。停車駅が少ないので、かなり速く感じる。

 さて、終点の浜松が近づいた。実はこの列車、終点の浜松でそのまま普通豊橋行きとなる。ここからは、乗車整理券がいらないので、多くの客が乗り込み、席は大体埋まった。

 豊橋からは313系の特別快速。ここまで来ると、日常の光景。今回の訪問記も、ここで終わりとなる。

|

« 鉄道博物館に行ってきました(5) | Main | 最後の「パノラマカー」タイプ車両、引退 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

JR東海」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鉄道博物館に行ってきました(6):

« 鉄道博物館に行ってきました(5) | Main | 最後の「パノラマカー」タイプ車両、引退 »