« 「さくら」で新大阪-鹿児島中央間、18000円? | Main | 飯田線に117系観光列車 »

札幌市営地下鉄で貨物を運ぶ実験

 かなり前にソウルでの事例を紹介しましたが、8月に札幌の地下鉄で貨物を運ぶ実験を行います。実験期間は約2週間です。

 実験はヤマト運輸や北見工大などの大学教授でつくる「都市型新物流システム研究会」と共同で行います。現在、厚別区にあるヤマト運輸の輸送拠点「札幌ベース」と中央区にある都心部の集配センター「大通宅急便センター」との間を4トントラックで1日3往復しています。そのうち、昼に運行される1往復を地下鉄による輸送に切り替えます。

 今回の実験では貨車はつくらず、ヤマト運輸の社員が荷物を数台の台車に載せて運びます。1往復での輸送量は宅配分約150個と見積もられ、この実験で一般旅客に迷惑をかけないか(地下鉄は日中、7分間隔で運行されますので、その間にスムーズに載せないといけません)、配送時間に問題がないかを調査します。

 今回の実験が順調にいけば冬季においても同様の実験を行い、実用化に結びつける予定です。地下鉄と貨物の組み合わせは意外に思えますが、車での利用を抑える観点からすれば、実験がうまくいき、実用化できればいいですね。
(参考:北海道新聞ホームページ http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/237236.html)

|

« 「さくら」で新大阪-鹿児島中央間、18000円? | Main | 飯田線に117系観光列車 »

鉄道」カテゴリの記事

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 札幌市営地下鉄で貨物を運ぶ実験:

« 「さくら」で新大阪-鹿児島中央間、18000円? | Main | 飯田線に117系観光列車 »