« 九州新幹線、九州内は割引あり、対本州は事実上割引なし | Main | 南海社長、特急の梅田・新大阪乗り入れに前向き »

阪堺、2011年1月15日から堺市の補助金で200円均一に

 大阪(恵美須町・天王寺駅前)と堺(浜寺駅前)とを結ぶ阪堺電車。(速度で圧倒的に勝る南海線が並行しているため)もともと堺市内の経営状況が悪く、しかも起死回生策として出された堺のLRT構想が選挙で否定されたために、堺市内の区間がいつ廃止になってもおかしくない状況でした。

 しかし、LRTを否定した堺も、阪堺線が廃止になるのは避けたかったようで、阪堺線存続のための総額50億円の支援策が出され、当面の廃線の危機は回避されました。阪堺電気軌道はその堺市の支援により、2011年1月15日から値下げを行います。

 値下げの内容は、現在290円の区間を200円に値下げし、全線均一料金にすること。回数券もこれに合わせて値下げとなりますが、貸切運賃は値下げにはなりません。

 また、同じ2011年1月15日から、「おでかけ応援カード」(郵便局で無料で発行されます)を持っている満65歳以上の堺市民については、カードを運転士に提示することにより、毎月5・10・15・20・25・30日の運賃が100円になります(堺市内同士あるいは大阪市内-堺市内間通しの乗車のみに適用)。2011年3月からは、阪堺線とそれに接続するバスに1日乗り放題の「ゾーンチケット」を発売します。

 東西鉄軌道の建設という抜本的な対策ではありませんが、この値下げなどの支援策が有効に働けばいいですね。
(参考:阪堺電気軌道ホームページ http://www.hankai.co.jp/topics/pdf/101224.pdf、産経関西 http://www.sankei-kansai.com/2010/12/23/20101223-047669.php)

|

« 九州新幹線、九州内は割引あり、対本州は事実上割引なし | Main | 南海社長、特急の梅田・新大阪乗り入れに前向き »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

Comments

 今晩は、たべちゃんさん。

 もし出来るなら、阪堺線が通っている道路をトランジットモール化したらと……、考えます。
 ドイツのフライブルク市(人口20万人)は、4系統のトラムを運行し、旧市街をトランジットモール化して、市街への自動車の流入を禁止し、自動車は、市外のパークへ無料駐車させて、トラムに乗換させています。
 日本は、此処まで出来ないでしょうが、検討の価値は有るかと存じます。

Posted by: パノラマハイパー | 2011.01.12 08:54 PM

 パノラマハイパーさん、おはようございます。

 阪堺線が走る大道筋は片側3車線もある道路なのでトランジットモールには適さないでしょう。むしろLRTが走る予定だった大小路のほうが適しています。

 しかし、大小路が一方通行になることに対して地元の反対が強く、LRTがつぶれたので、そのような理想的なことは難しいでしょうね。

Posted by: たべちゃん | 2011.01.16 07:43 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 阪堺、2011年1月15日から堺市の補助金で200円均一に:

» 【Update】阪堺電軌と堺市、「阪堺線」運賃を200円(小児100円)均一に改定 [kqtrain.net(京浜急行)]
 200円均一運賃および高齢者割引の実施について(PDF/1.1MB)|阪堺電車 [Read More]

Tracked on 2010.12.30 09:06 PM

« 九州新幹線、九州内は割引あり、対本州は事実上割引なし | Main | 南海社長、特急の梅田・新大阪乗り入れに前向き »