« 東北新幹線で新青森へ(1) | Main | 東北新幹線で新青森へ(3) »

東北新幹線で新青森へ(2)

 行きに新幹線に乗ったなら、帰りは並行在来線の青い森鉄道。青森までは「スーパー白鳥11号」に乗る。在来線ホームに行くと、寒い風が吹く。ホームには雪が積もっている。新幹線ホームではなかったことだ。特急に乗っても、青森までは特急料金なしで自由席に乗ることができる。便利な制度だ。JRとしても青森までの普通列車を用意する必要もない。「スーパー白鳥22号」の到着を待って10分遅れで出発。次の青森で向きが変わるので、後ろ向きに座席がセットされている。青森で降りる客が多かったので少し心配だったが、乗る客も多くひと安心。

 青い森鉄道の車両も、JRと同じ701系。3扉ロングシートの車両が2両で走る。アクセントに青い森鉄道のキャラクターが描かれている。八戸行きの電車は10:42に青森を出た。一面の銀世界を電車が走る。ガラスは曇って何も見えない。終点の八戸は太平洋側にあるため晴れているが、それでも雪化粧はしている。車内はと言えば、座席はほぼ埋まり、立っている人もちらほらいる。野辺地(南部縦貫鉄道の跡を探したが、それらしきものはなかった)で降りる人が多かったので、ここで座ることができると思ったら、逆に乗る人が多く、ラッシュみたいな混雑になる。八戸には所定の12:11に到着。96キロを各駅に停まりながら1時間30分で走るとは、意外に速い。

 再び新幹線で新青森に向かう。盛岡以北は原則として全車指定席の「はやて」しか走っていないため、近距離利用者向けに特定特急券が売られている。自由席特急券と同じ料金で、空席に座ることができるものだ(指定券を持っている人がいれば、席を譲らないといけない)。昼食用に「八戸小唄寿司」を買ったのち、「はやて73号」に乗り込む。臨時列車のためか、ガラガラであった。

 五所川原行きのバスに乗るまでの約40分が買い物タイム。新幹線駅の1階の土産物コーナー(あおもり旬味館)で買う訳であるが、この際、ハイブリッドのリゾート列車を見ておこう。そう思って在来線ホームに降りたのだが、新青森13:00着の「リゾートあすなろ津軽2号」がまだ来ていない。そのため、新青森13:03発の「スーパー白鳥19号」がまだ発車できず、ホームに待っている。ふと先頭のほうを見ると、車両が変だ。785系の改造車が前にいたのだ。もともとはどちらも運転席がついていたが、後ろのほうは撤去され、窓も塞がれている。前の運転席も低いままだ。やがてハイブリッドの「リゾートあすなろ津軽2号」も来て、両方の列車を撮影する。(続く)

|

« 東北新幹線で新青森へ(1) | Main | 東北新幹線で新青森へ(3) »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東北新幹線で新青森へ(2):

« 東北新幹線で新青森へ(1) | Main | 東北新幹線で新青森へ(3) »