« プロ野球、3月25日開幕にこだわる必要なし | Main | 地震で「平日2000円乗り放題」も見送り »

東大、神戸製鋼所、どんな路線にも対応できるホーム柵を開発

 ホーム柵を地下鉄などの限定された路線だけでなく、ほかの路線にも普及させるためには、ホーム柵の改良が必要です。快速が3扉車、普通が4扉車を基本とするJR西日本は、以前にも書きましたように、3扉車にも4扉車にも対応できるホーム柵を開発しています。ところが、これを超えるホーム柵の開発を行っているところがあります。

 それは東大生産技術研究所須田研究室、建築学専攻古賀氏、神戸製鋼所のチーム。三角形の断面のホーム柵が列車に合わせて動いてくれるのです。秒速4~8センチの速さで柵が動きます。これにより、1両当たりの長さの違い(20メートル車と18メートル車の併用)、編成両数の違い、3扉車と4扉車の併用、運転台の有無による扉の位置のずれなどにも対応できます。今までのホーム柵ではできない、柔軟な運転が維持できるのです。

 この乗降位置可変型ホーム柵、2011年度に試作・実用機試験を行い、2012年度の商品化を目指しています。これが実用化すれば、いろいろな路線に使えるので、実用化を期待したいところです。
(参考:「乗降位置可変型ホーム柵の開発」 http://www.nozomi.iis.u-tokyo.ac.jp/iis2010/iis2010_homefence.pdf)

|

« プロ野球、3月25日開幕にこだわる必要なし | Main | 地震で「平日2000円乗り放題」も見送り »

鉄道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 東大、神戸製鋼所、どんな路線にも対応できるホーム柵を開発:

» ホームドア設置 [かにうさぎの部屋]
駅ホームからの転落を防止する「ホームドア」の設置をめぐり、国土交通省は25日、鉄 [Read More]

Tracked on 2011.03.21 10:41 AM

« プロ野球、3月25日開幕にこだわる必要なし | Main | 地震で「平日2000円乗り放題」も見送り »