« 三陸鉄道復旧は三段階で | Main | 一畑電車、南海「ズームカー」も置き換え? »

「ドレミファインバータ」はもう聞くことができない?

 電車が走るときの音と言えば、「ガタンゴトン」などと表されますが、音楽を奏でる電車もあります。

 それは、京浜急行の車両。「ドレミファ」などと音階を奏でる車両があります。1998年に登場した2100形と2002年に登場した新1000形がそれで、鉄道ファンからは「ドレミファインバータ」と言われています。

 「ドレミファインバータ」をつくったのは、シーメンス。ドイツ人の技術者が遊び心で、ソフトのプログラムを工夫して、音楽を奏でるようにしたのです。応用例もあり、ドイツの高速鉄道「ICE」がアメリカで試験走行をしたときは、何とアメリカ国歌を演奏したようです。

 しかし、この「ドレミファインバータ」、あと数年で姿を消すことになります。車両が登場して10年余りで、廃車にするにはまだ早すぎるのですが、電子部品であるためモーターの置き換えが必要だからです。2100形はすでに全10編成中6編成の改造を終え、残りの4編成もあと1年程度で改造を終えます。新1000形は数年で残り8編成の改造を終える予定です。新しいモーターは日本製で、音楽を奏でるようなことはしません。わざと「ドレミファインバータ」を残すようなこともしません。

 この「ドレミファインバータ」に乗るにはどうすればよいでしょうか? 快特用の2100形はともかくとして(今のところ1時間に1本の確率で乗ることができるようです)、汎用の新1000形のほうは全くの運のようです。
(参考:MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/life/news/110716/trd11071622110012-n1.htm)

|

« 三陸鉄道復旧は三段階で | Main | 一畑電車、南海「ズームカー」も置き換え? »

鉄道」カテゴリの記事

京急」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ドレミファインバータ」はもう聞くことができない?:

» 京急の「歌う電車」、数年後には姿を消すとの報道 [阪和線の沿線から]
京浜急行(京急)といえば、赤い電車。 その名のとおり「赤い電車」という歌もあります。 【送料無料】赤い電車価格:1,100円(税込、送料別) この「赤い電車」の間奏部分 ... [Read More]

Tracked on 2011.07.18 10:22 PM

« 三陸鉄道復旧は三段階で | Main | 一畑電車、南海「ズームカー」も置き換え? »