« インドネシア鉄道会社VS屋根の上に乗る人 | Main | えちぜん鉄道、福井駅には単独で高架乗り入れへ »

環境アセスメント省略で、仙石線など早期復旧へ

 東日本大震災による津波で、大きな被害を受けた仙石線と石巻線。仙石線陸前大塚-陸前小野間6.4キロと、石巻線浦宿-女川間2.5キロは以前にも書いたように、内陸部へ移設することが検討されています。仙石線については、JR東日本は2015年度に全線開通を目指していますが、それを後押しする動きが出てきました。

 本来、宮城県の条例では2キロ以上7.5キロ未満の移設は環境アセスメントの対象となります。仙石線も石巻線もその対象になります。県の説明によれば、環境アセスメントには通常1~3年かかります。ところが、宮城県は両線の移設について、環境アセスメントをしない方針です。震災復旧の場合は環境アセスメントの対象から外すという内容で、3月末までに条例を改正する方針です。

 環境アセスメントが省略されれば、その分工事着工が早くなり、全線復旧が早まる可能性も出てきます。仙石線は特に利用者の多い路線だけに、環境アセスメントの省略はありがたい話です。
(参考:毎日jp http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20120222k0000m040110000c.html)

|

« インドネシア鉄道会社VS屋根の上に乗る人 | Main | えちぜん鉄道、福井駅には単独で高架乗り入れへ »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 環境アセスメント省略で、仙石線など早期復旧へ:

« インドネシア鉄道会社VS屋根の上に乗る人 | Main | えちぜん鉄道、福井駅には単独で高架乗り入れへ »