« 路線バスに携帯充電用コンセント | Main | 名鉄、5月から車内での乗車券発売停止 »

6月1日、新東名経由「新東名スーパーライナー号」登場!

 今月14日に御殿場ジャンクション-三ヶ日ジャンクション間が開通した、新東名高速道路。早速新東名経由の高速バスも運転されましたが、夜行バスばかりでした。しかし、JRバス関東とJR東海バスが運行する「東名ハイウェイバス」は、6月1日にダイヤ改正を行います。

 最大の目玉は、新東名経由の直行便「新東名スーパーライナー号」の設定。東京駅-名古屋駅間を1日3往復します(そのほかに、東京駅-名古屋駅間は、東名経由の超特急9往復、特急2往復があります。合計すると14往復で、ダイヤ改正前より1往復増えます)。「東名ハイウェイバス」は停留所の少ない超特急便でもたくさん停まるため、新東名に移すのは難しいと思われていましたが、なんとこの「新東名スーパーライナー号」はノンストップ。名古屋駅行きは文字通りのノンストップ、東京駅行きも霞が関に停まるのみです。新東名経由便は名古屋市内も星ヶ丘などは経由しません。伊勢湾岸道などを経由すると考えられます。2014年度に浜松いなさジャンクション-豊田東ジャンクション間が開通すると、新東名から直通伊勢湾岸道に入ることができるからと思われます。

 そして、新東名経由になったことなどにより、大幅なスピードアップが図られます。東京駅-名古屋駅間が最速5時間ちょうど(東京駅行きの最速は5時間9分です)。ダイヤ改正前の最速便より46分短縮されます。また、「新東名スーパーライナー号」は途中2か所で休憩します。ひとつは足柄サービスエリア、もうひとつは新東名にある遠州森町パーキングエリアです。新東名はパーキングエリアといえどもそれなりに充実しているので、何も買えないということはないでしょう。

 また、東京駅-名古屋市内バス停間を利用する人には、早期購入割引「早売」があります。東京駅-名古屋市内バス停間の普通運賃は5100円ですが、平日(祝日を除く)については、21日前までに買えば割引になる「早売21」ができます。席数限定ですが、2400円です。インターネット予約サイト「高速バスネット」でクレジットカード決済を行うとさらに割引になり、2280円です。

(追記)
 JRバス関連で書きますが、JRバス関東と東武バスセントラルは共同で、東京駅と東京スカイツリータウンをダイレクトに結ぶバスを44往復します。東京駅発が6:50~21:20、東京スカイツリー発が7:00~22:00でおおむね20分間隔で運行します。所要時間は片道約30分で、運賃は500円です。「Suica」「PASMO」が使えます。高速バスタイプの車両が使われる予定です。このバスは東京スカイツリーが開業する5月22日に運行を開始します。
(参考:JRバス関東ホームページ http://www.jrbuskanto.co.jp/topics/post_95.html、http://www.jrbuskanto.co.jp/topics/post_86.html、JR東海バスホームページ http://www.jrtbinm.co.jp/topics/tp_detail253.html)

| |

« 路線バスに携帯充電用コンセント | Main | 名鉄、5月から車内での乗車券発売停止 »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 6月1日、新東名経由「新東名スーパーライナー号」登場!:

« 路線バスに携帯充電用コンセント | Main | 名鉄、5月から車内での乗車券発売停止 »