« 南海、節電で「自由席特急」復活! | Main | 高岡市、ハイブリッド電車の導入を研究 »

大阪環状線唯一の踏み切り、6月末に廃止

 大阪環状線・大和路線天王寺-新今宮間にある一ツ家踏切は、高架が多い大阪環状線では唯一の踏切です。大阪環状線は内回りだけですが(外回りは大和路線を越えるために高架になっています)、大和路線と共用しているため、遮断機が下りた状態になっている時間が長くなっています。朝のラッシュ時には1時間に最大54分、平均でも1時間に33分遮断機が下りています。そのため無理な横断もあるようで死亡事故も多くなっています。2002年4月以降の10年間での死亡事故は13件とJR西日本の管内で最も多くなっています。しかも、死亡事故などでいったん電車が停まれば、その影響は大阪環状線・大和路線に限らず、阪和線・関西空港線・JR京都線などにも及びます。

 そこでJR西日本は6月末で一ツ家踏切を廃止します。理由は「『開かずの踏切』であり、無理な横断等により死亡事故や列車支障が非常に多い」とはっきり書かれています。代替の地下道などはなく、近隣の高架や地下道を使うことになります。大阪環状線が大和路線を越えるため高架橋はつくりにくく、地下道をつくると土地柄かそこに住み着く人が続出しそうですから、あえてつくらなかったのでしょう。

 ともかく、ダイヤの乱れを起こす原因がひとつ減ることになります。
(参考:一ツ家踏切にある看板、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20120626-OYT1T00088.htm)

|

« 南海、節電で「自由席特急」復活! | Main | 高岡市、ハイブリッド電車の導入を研究 »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大阪環状線唯一の踏み切り、6月末に廃止:

» JR一ツ家踏切、2012年7月1日をもって閉鎖。 [大阪、おおさか、OSAKA(桜&虎&鉄版)]
木曜日、天王寺・新今宮界隈を自転車で走っていると、あちこちに一ツ家踏切閉鎖のお知らせ看板が掲出されていました。 一ツ家踏切は、大阪環状線唯一の踏切(内回りのみ。外回りは高架。)で、加えて大和路線の上下線もあるため、いわゆる開かずの踏切のひとつ。 無理な横断等による死亡事故や列車支障が非常に多いことから、7月1日をもって閉鎖する、とのことです。 僕も踏切が開いているタイミングのときはちょくちょく通っていた、馴染みのある踏切。 地下道とか作ってくれれば、と思いつつ、さほど通行量も多くないですし、そこまで... [Read More]

Tracked on 2012.07.01 11:40 PM

« 南海、節電で「自由席特急」復活! | Main | 高岡市、ハイブリッド電車の導入を研究 »