« 宇高航路の国道フェリー、10月18日から1年間、運航休止へ | Main | お盆に新東名サービスエリアへのシャトルバスが運行されていた! »

屋久島の森林鉄道旅客化構想

 世界遺産で有名な屋久島には、森林鉄道が残っています。1923年に開業し、最盛期には総延長が26キロありましたが、今でも一部区間は残っています(一部はつい最近まで、発電所などの維持管理専用軌道として利用されていました)。その屋久島で、森林鉄道を旅客化しようという構想があります。8月16日には、町議を含めた地元関係者が実際にトロッコ列車に乗る「視察会」も行われました。もし、旅客化が実現すれば、縄文杉の観光はかなり楽になります。今は10時間かけて歩く必要がありますが、5時間程度で済みます。体力に優れていなくても行くことができるようになるのです。

 ただ、旅客化するのは簡単ではありません。線路や路盤の強化を行う必要があり、駅もつくらないといけません。トロッコ列車の車両もつくらないといけません。これには数十億円かかるともいわれています。また、森林鉄道の軌道が登山路になっているところがあり、旅客鉄道にするのなら、歩道を別につくるなどの追加工事が必要となります。

 このように実現に向けての問題は多いですが、どうなることでしょうか?
(参考:タビリスホームページ http://tabiris.com/archives/847)

|

« 宇高航路の国道フェリー、10月18日から1年間、運航休止へ | Main | お盆に新東名サービスエリアへのシャトルバスが運行されていた! »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

中四国・九州私鉄」カテゴリの記事

九州・沖縄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 屋久島の森林鉄道旅客化構想:

« 宇高航路の国道フェリー、10月18日から1年間、運航休止へ | Main | お盆に新東名サービスエリアへのシャトルバスが運行されていた! »