« 名古屋-高岡・氷見間高速バスに直行便が誕生 | Main | JR西日本と石川県、富山県、並行在来線の譲渡価格について合意 »

阪堺、ICカード導入か?

 大阪唯一の路面電車である阪堺電気軌道は、今年で阪堺線全線開通から100周年を迎えました。利用者が特に減少している堺市内について、打開策として考えられた東西鉄軌道が実現せず(堺市長選でLRTに批判的な候補が当選しました)、存廃問題が再浮上しました。

 ようやく事の重大さに気付いたのか、堺市は総額で50億円の支援策をまとめました。運賃を一律200円にし、LRV(低床式車両)「堺トラム」を3編成導入することになりました(うち1編成は今年度中に導入します)。また、ICカードの導入も考えています。南海の子会社であることを考えたら「PiTaPa」になることでしょう。阪堺の山本社長の話では南海バスとの乗継割引を行うことも考えていますが、南海バスもまだICカードを導入していません。今さら阪堺にプリペイドカードを導入するとも考えにくいですから(紙の乗継券での対応はさらに考えにくい)、乗継割引は阪堺、南海バス両方のICカード導入が実施の前提になります。
(参考:MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121107/biz12110720060028-n1.htm)

|

« 名古屋-高岡・氷見間高速バスに直行便が誕生 | Main | JR西日本と石川県、富山県、並行在来線の譲渡価格について合意 »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

路面電車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 阪堺、ICカード導入か?:

« 名古屋-高岡・氷見間高速バスに直行便が誕生 | Main | JR西日本と石川県、富山県、並行在来線の譲渡価格について合意 »