« 阪堺、ICカード導入か? | Main | 「スーパーとかち」、ワゴンサービス廃止、売店での営業に »

JR西日本と石川県、富山県、並行在来線の譲渡価格について合意

 21日、石川県庁でJR西日本の真鍋社長と石川県谷本知事が会談し、2014年度末の北陸新幹線開業に伴いJRから分離される並行在来線の譲渡価格について、31億円で合意しました。同じ21日には富山県庁でJR西日本の真鍋社長と富山県石井知事が会談し、並行在来線の譲渡価格について110億円で合意しました。それぞれ県の予測では、59億円と230億円だったので、半分ほどに下がったことになります。

 石川県の内訳は、車両(新型車両5編成10両)が13億円、土地や駅舎、レールなどの鉄道資産が18億円。新型車両は2編成が新車で、3編成が中古車です。中古車を買うことで10億円近く減らすことができました。ただ、中古車とは言っても新型の521系なので、長い間使えます。中古だと値段が1/3(1.5億円)になることが魅力です。鉄道資産は必要な部分を見直すことで、想定の36億円が半額になりました。しかも、並行在来線を運営する第三セクター会社へのJR出向社員の人件費(出向期間は10年間、16億円)はJR西日本が負担してくれます。譲渡前にレールなどの施設をJR西日本が2億円かけて修繕してくれます。差し引きすると実質的には鉄道資産は無償とも言えます。「サンダーバード」など七尾線直通特急についても、存続させる方針です。なお、問題となっていたJR西日本と並行在来線の乗継については、運賃が1.7倍になることから、来年1月に谷本知事がJR西日本を訪ねて回答を求める予定です。

 富山県の内訳は、車両(新型車両16編成32両、旧型車両5編成15両)が26億円、土地や駅舎、レールなどの鉄道資産が84億円。新型車両の譲受数は5月に合意したときより2編成増えました。どうやら日中は新型車両で賄うようで、旧型車両(413系か?)は朝夕の助っ人のようです。JR西日本からの支援は、並行在来線を運営する第三セクター会社へのJR出向社員の人件費など(40億円)と開業までに行う鉄道施設などの修繕(10億円)。JRが支払う貸付料等による国の支援(40億円)や新型車両を主に使うことによる検査費用等の縮減効果(20億円以上)を合わせると、実質的には無償譲渡と言えます。JR西日本はこのほか、並行在来線へのICカード導入(「ICOCA」を北陸にも入れるのでしょうか?)や開業に合わせた観光キャンペーンの実現(JRの大型観光キャンペーンについて、富山、石川、福井3県合同で2015年秋の開催を求めています)でも協力します。

 ただ、JR西日本は、「サンダーバード」や「しらさぎ」の富山乗り入れ継続については、厳しい姿勢を示しています。JR西日本は新幹線を使うことを求めています。とは言っても、金沢暫定開業の時点ではすぐに接続の新幹線があっても10分程度しか短縮しないのに、金沢駅での面倒な乗り換えがついてきます。北陸新幹線が敦賀まで延長されるまでは、東京方面しかメリットがない新幹線なのですから(関西、名古屋方面にはデメリットしかない)、さらに強く交渉を続ける必要があるでしょう。特急の乗り入れを継続すると並行在来線会社の負担も増えますが、安く並行在来線を買えたのですから、ある程度はその負担増もためらってはいけないでしょう。

(追記1)
 JR西日本と石川県は2013年2月1日、JRと並行在来線第三セクターとの間で乗継割引を導入することで同意しました。金沢(北陸線)、津幡(七尾線)での乗り継ぎが対象になり、利用者の負担は最大3割程度増に抑えられます。並行在来線第三セクターの1日当たりの利用者延べ約2.5万人のうち、七尾線が分離されないこともあり、8割がJRなどほかの路線に乗り継ぐとみています。

 乗継割引はJR、並行在来線第三セクターともに運賃を減額することにより行います。このうち、第三セクターサイドの減収分は、石川県と市町で計30億円を拠出する経営安定基金で補てんします。

 この乗継割引は5年間の激変緩和措置ですが、その後は再度協議します。

(追記2)
 石川県は並行在来線について支援を受けることができたため、開業10年間の累積赤字の見込み額が20億円から11億円に減るとしています。運賃の値上げ率も20%を下回る水準になるとしています。通学定期の値上げ率は15%を下回る水準にします。

(追記3)
 2012年8月に設立された、石川県の並行在来線区間を運営する会社の名前が、「IRいしかわ鉄道」に内定しました。今後、定時株主総会を経て正式に決定する予定です。

(追記4)
 結局、開業5年間の石川県の値上げ率は、通勤定期と一般運賃は14%、通学定期は据え置きとなりました。

(追記5)
 「IRいしかわ鉄道」は、新幹線の乗継の利便性確保のほか、金沢発の最終の繰り下げなどを検討しているようです。

(追記6)
 あいの風とやま鉄道が保有する413系は、10年以内に車両を更新する方針です。
(参考:中日新聞ホームページ http://www.chunichi.co.jp/hokuriku/article/news/CK2012112202000178.html、毎日jp http://mainichi.jp/area/toyama/news/20121122ddlk16020672000c.html、http://mainichi.jp/area/toyama/news/20130329ddlk16020690000c.html、朝日新聞ホームページ http://mytown.asahi.com/ishikawa/news.php?k_id=18000001211220001、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/toyama/news/20121121-OYT8T01590.htm、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXNZO48688050R21C12A1LB0000/、北國新聞ホームページ http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20130202101.htm、http://www.hokkoku.co.jp/subpage/H20130218101.htm、レスポンスホームページ http://response.jp/article/2013/03/28/194628.html、「鉄道ジャーナル」2014年2月号 鉄道ジャーナル社、チューリップテレビホームページ http://www.tulip-tv.co.jp/news/detail/?TID_DT03=20141120155706)

|

« 阪堺、ICカード導入か? | Main | 「スーパーとかち」、ワゴンサービス廃止、売店での営業に »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

整備新幹線」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR西日本と石川県、富山県、並行在来線の譲渡価格について合意:

« 阪堺、ICカード導入か? | Main | 「スーパーとかち」、ワゴンサービス廃止、売店での営業に »