« 2013年3月ダイヤ改正(1)(JR東日本新幹線) | Main | 2013年3月ダイヤ改正(3)(JR東海) »

2013年3月ダイヤ改正(2)(JR東日本在来線)

 今回はJR東日本の在来線をみていきます。

 常磐線「スーパーひたち」「フレッシュひたち」については、すべての列車をE657系で運転します。当初は2012年の秋にE657系への置き換えを完了する予定でしたが、遅くなったようです。車両が統一されても、列車名は「スーパーひたち」「フレッシュひたち」と分かれたままです。E657系は分割併合のできない10両固定編成のため、勝田での分割併合作業がなくなり、その分だけ速くなるものもあります。通勤時間帯に「フレッシュひたち」が3本増発されます。通常、「フレッシュひたち」の自由席は4両(「スーパーひたち」は3両)ですが、朝夕の一部列車は5~6両に拡大します。朝夕の停車駅も見直され、上野を18時以降に出る「スーパーひたち」は、すべて土浦に停車します。

 中央線新宿-八王子間で最高速度が95キロから100キロに上がり、特別快速の新宿-八王子間の所要時間が今より最大3分短い、最短33分となります。データイムにおいて、一部の快速を特別快速に変更し、平日は毎時5本(うち青梅特快は毎時1本)、休日は毎時6本(うち青梅特快は毎時2本)が特別快速になります(これまでは平日、休日とも毎時4本)。ただ、運転間隔は不均一のままのようです。

 湘南新宿ラインの全列車が浦和に停車するようになります。新宿から日光・鬼怒川方面に行く「日光」なども浦和に停まります。通勤時間帯等に湘南新宿ラインの増発・延長がなされます。E233系の導入が進み、211系で運転されるのはたったの4往復です(平日、湘南新宿ラインを除いた数字)。7両・14両で運転する「草津」「あかぎ」のグリーン車の位置が変更になります。これまで6・13号車だったのが、4・11号車になります。

 武蔵野線については、平日のデータイムも休日と同じように10分間隔となります。西船橋からは東京に20分間隔、南船橋にも20分間隔で直通します。武蔵野線から東京への直通列車はすべて各駅停車になります。京葉線の朝のラッシュ時については、通勤快速を除いて、東京方面、蘇我方面ともに各駅停車になります。快速が全くなくなるのです。データイムの千葉-成田間の各駅停車3往復を東京方面-成田空港間の快速にします(東千葉は通過になります)。これにより、成田空港を発着する快速・普通列車は25往復になります。総武線・成田線で走っている211系はすべて209系(6両編成)に置き換えられます。久留里線の2両編成の列車の一部が1両になり、一部列車でワンマン運転が始まります。

 東日本大震災で被災した路線のうち、常磐線浜吉田-亘理間石巻線渡波-浦宿間の運転を再開します。常磐線は仙台行きが26本(1本増発)、浜吉田行きが23本です。常磐線の代行バスの運転区間は相馬-亘理間と変わりませんが(浜吉田駅のバス停は、西側の国道6号線付近に移設する方向です)、時刻を見直して、10分程度短縮を図る予定です。石巻線は2往復増発して、11往復となります(すべて浦宿まで運転)。海岸沿いにある浦宿駅付近は、護岸工事に合わせてホームや線路をかさ上げしました。浦宿-女川間は、代行バスで運転する予定です。なお、女川町は2015年度の再開を要望しています(ただし、JR東日本は、移設する女川駅周辺のかさ上げが必要なため、技術的に2015年度に再開できるかどうかは未定としています)。2012年に復旧したにもかかわらず、4往復しかなかった仙石線陸前小野-矢本間は、3往復増発します。数の多くなった気仙沼線BRTに対応するためでしょうか、気仙沼線前谷地-柳津間も2往復増え、9往復になります。

 「きたぐに」廃止の代替措置として設定された、新潟22:49発長岡行きは、休日及び年末年始においても運転されます(これまでは新津止まり)。また、只見線柿ノ木駅は、定期列車が停車しない臨時駅となります。

 東京では消えつつある211系。長野地区で運行を開始します。座席はロングシートのようです。今の115系のような、水色などの2色帯(信州色)が塗られます。塩尻-辰野間で走っている123系の運行を取りやめ、E127系に置き換えられます。茅野-長野間の一部列車もE127系になり、塩尻-長野間でE127系2両編成によるワンマン運転を行います。

(追記1)
 2013年3月16日のダイヤ改正から、これまで普通列車でありながら185系(12両)で運転されていた、東京7:24発伊東行きがE231系(10両)の熱海行きになります(熱海で伊東行きに接続)。

 東北線(上野発着)の211系もE233系に置き換えられ、上野を発着する東北線の列車は、すべて4ドアの車両(E231系、E233系)となります。日光線はリニューアルされた205系が投入されます。すべて4両編成で運転されます。

(追記2)
 東北新幹線新青森開業以来、奥羽線大館-青森間には臨時列車扱い(ただし毎日運転)で「つがる」が2往復していました。このうち「つがる52号」は青い森鉄道浅虫温泉始発でしたが、ダイヤ改正により青森始発に短縮されます。

 青い森鉄道関連でいえば、八戸-野辺地間の快速を増発し、大湊線と直通させます。
(参考:JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/press/2012/20121215.pdf、http://www.jreast.co.jp/hachioji/info/20121221/20121221_info02.pdf、http://www.jrchiba.jp/news/pdf/2012121daiyakaisei.pdf、http://www.jrmito.com/press/121221/20121221_press01.pdf、http://www.jreast.co.jp/takasaki/news/docs/2013schedule.pdf、http://www.jr-sendai.com/wp-content/uploads/2012/12/press_20121221-201303.pdf、http://www.jrniigata.co.jp/press/201212212013daiyakaisei.pdf、http://www.jreast.co.jp/nagano/pdf/121221.pdf、http://www.jreast.co.jp/press/2012/20130107.pdf、河北新報ホームページ http://www.kahoku.co.jp/news/2012/12/20121222t13017.htm、http://www.kahoku.co.jp/news/2013/01/20130125t13016.htm、鉄道ホビダス http://rail.hobidas.com/news/info/article/134990.html、http://rail.hobidas.com/news/info/article/134983.html、railf.jp http://railf.jp/news/2013/01/22/170000.html、青い森鉄道ホームページ http://www.aoimorirailway.com/cgi_data/news/staff_1356075892_file1.pdf)

|

« 2013年3月ダイヤ改正(1)(JR東日本新幹線) | Main | 2013年3月ダイヤ改正(3)(JR東海) »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2013年3月ダイヤ改正(2)(JR東日本在来線):

» JR東日本、2013年3月16日(土)ダイヤ改正 [kqtrain.net(京浜急行)]
 2013年3月ダイヤ改正について [PDF/250KB]|JR東日本:プレスリリース [Read More]

Tracked on 2012.12.25 12:52 AM

« 2013年3月ダイヤ改正(1)(JR東日本新幹線) | Main | 2013年3月ダイヤ改正(3)(JR東海) »