« 「ドリームスリーパー」と東京スカイツリーを巡る鉄道(3) | Main | 京阪旧3000系、3月10日に定期運用離脱、3月31日に引退 »

JR御茶ノ水駅バリアフリー化へ、完成は7年後

 JRなど鉄道会社も、利用者の多い駅を中心にバリアフリー化が進みつつあります。

 とは言っても、利用者が多いにもかかわらず、バリアフリー化が難しい駅もあります。中央線(快速)と総武線が接続し、地下鉄との乗り換えもできる御茶ノ水駅もそのひとつです。乗客数が1日平均約10万人いて、周辺に大学病院など大規模病院がたくさんあり、通院する高齢者からバリアフリー化の要望が強いにもかかわらず(2008年には順天堂大学の患者などから1万人を超える署名が、JR東日本に寄せられました)、バリアフリー化が難しいのです。

 なぜ御茶ノ水駅はバリアフリー化が難しいのでしょうか? 御茶ノ水駅のホームは川沿いにあって非常に狭く、現状のままではエスカレーターもエレベーターも設置できないのです。そこで、JR東日本はホームの上に(現在2つある改札をつなぐ)コンコースを設け、そのコンコースにエスカレーターやエレベーターを設置するのです。また、千代田区との合意を受け、聖橋口の駅前広場機能の整備を行います。

 もっとも、狭い場所で行う工事のため、御茶ノ水駅のバリアフリー化は2018年度、駅前広場機能整備は2020年度、つまり7年後のことになります。
(参考:朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/national/update/1228/TKY201212280299.html、JR東日本ホームページ http://www.jreast.co.jp/press/2009/20100322.pdf、http://www.jreast.co.jp/press/2013/20130902.pdf)

|

« 「ドリームスリーパー」と東京スカイツリーを巡る鉄道(3) | Main | 京阪旧3000系、3月10日に定期運用離脱、3月31日に引退 »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR御茶ノ水駅バリアフリー化へ、完成は7年後:

« 「ドリームスリーパー」と東京スカイツリーを巡る鉄道(3) | Main | 京阪旧3000系、3月10日に定期運用離脱、3月31日に引退 »