« 広島でも連節バス導入へ | Main | 上田-松本間直結路線バス運行検討か? »

市民等の寄付金で枕崎駅舎復活!

 JR最南端の終着駅である指宿枕崎線の枕崎駅。しかし、ここには駅舎がありません。ホーム1面だけの寂しい終着駅です。

 かつてはこの枕崎にもちゃんとした駅舎がありました。枕崎駅は1931年、私鉄の南薩鉄道(後の鹿児島交通)が先に開業し、その後国鉄の指宿枕崎線が乗り入れました。鹿児島交通が1984年に廃止になってからも、枕崎駅はそのままJRの駅として残り続けましたが、駅敷地にスーパーを建設するという話ができ、駅舎は2006年3月に解体されました。JRの枕崎駅は南に100メートルほど移動して、今に至っています。

 市民からは駅舎建設の声がありましたが、JRとしては、需要のないローカル線の駅に駅舎を造るようなことはできません。そこで、2012年3月、枕崎市役所、商工会議所、漁協、水産加工組合、市民の有志などが「枕崎駅舎建設期成会」を結成し、募金活動をはじめました。市の内外から寄付金が集まり、1600万円を超えたため(駅舎の建設費は1680万円)、駅舎の着工を決定しました。駅周辺の整備や維持管理費を含めて、募金の目標は2500万円ですが、すでに2000万円集まっています。

 駅舎は鹿児島県産の木材を使った、木造平屋建ての52平方メートル、六角形の屋根が特徴です。六角形の部分にはガラスを使い、採光にも工夫がなされています。床面には地元産の赤石を敷き詰めています。

 7年ぶりに復活する枕崎駅舎は2013年3月に完成予定です。

(追記)
 枕崎駅舎の完成予定は、当初の予定より遅くなり、2013年4月15日のようです。4月28日には、落成式を行う予定です。
(参考:タビリスホームページ http://tabiris.com/archives/1587、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/travel/aviation/SEB201208140021.html、枕崎市役所ホームページ http://www.city.makurazaki.kagoshima.jp/service/ekisyajyouhou.html)

|

« 広島でも連節バス導入へ | Main | 上田-松本間直結路線バス運行検討か? »

鉄道」カテゴリの記事

JR九州」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 市民等の寄付金で枕崎駅舎復活!:

« 広島でも連節バス導入へ | Main | 上田-松本間直結路線バス運行検討か? »