« 銚子電鉄、自主再建断念 | Main | 並行在来線等に地方交付税を使った新支援制度&北陸新幹線2015年3月開業へ »

コミュニティバスの限界を超えて走る豊岡の「チクタク」

 地方を中心にコミュニティバスが走っています。大抵は安いものの本数が少なく、遅いのが特徴で、車に乗ることができない交通弱者専用の、「部外者お断り」的な乗り物です。どう考えても収支はとれず、赤字を垂れ流すだけの存在です。

 ところが、そのコミュニティバスでさえ成立しないほど、需要が少ないところがあります。そういうところに公共交通サービスを提供しているところがあります。豊岡市の「チクタク」です。

 豊岡市は兵庫県の日本海側にある市で、人口は約9万人。豊岡市など1市5町が合併して大きくなり、面積は約700平方キロもあります。「チクタク」は「地区のタクシー」という意味で、市営バス(コミュニティバス)「イナカー」を廃止した地域で、代替輸送として始まりました。2010年にパイロット事業が始まり、2011年に本格的に事業が実施されています。

 「チクタク」を運行するのは、市の委託を受けた地域の住民団体。出石町の奥山地域ではチクタク奥山、出石町の小野地域ではチクタクひぼこ、但東町の資母地域ではチクタク資母が運行しています。「チクタク」は市の所有する乗用車やワゴン車を使います。地元の有償ボランティアが交代で運転します。運行は週3回で、近くの病院やスーパーなどへ1日3往復程度走ります。おおよその運行ルートがありますが、予約に応じて自宅まで迎えに行きます。運賃は距離に応じ100~200円です。

 この「チクタク」ですが、「イナカー」の廃止直前の利用者を大きく上回っています。昨年4~12月の9か月間の「チクタク」利用者は、奥山595人、ひぼこ852人、資母579人。「イナカー」の廃止直前の利用者は9か月で約70~120人で、この伸びには市地域公共交通会議の委員も驚くほどです。自宅前まで来てもらえ、ドライバーは近所の顔見知り(いなければ探してもらえる)なのが好評なようです。これまで出かけるときは家族や知人に頼んでいましたが、有料なのでそういう気兼ねもいりません。市の負担金も「イナカー」時代と比べて半分ほどに減っています。
(参考:毎日jp http://mainichi.jp/area/hyogo/news/20130125ddlk28040353000c.html、国交省ホームページ http://wwwtb.mlit.go.jp/kinki/kansai/program/link/jirei02.pdf)

| |

« 銚子電鉄、自主再建断念 | Main | 並行在来線等に地方交付税を使った新支援制度&北陸新幹線2015年3月開業へ »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference コミュニティバスの限界を超えて走る豊岡の「チクタク」:

« 銚子電鉄、自主再建断念 | Main | 並行在来線等に地方交付税を使った新支援制度&北陸新幹線2015年3月開業へ »