« 長崎電気軌道、スマートフォンが一日乗車券に | Main | 「ななつ星in九州」の食堂車は調理もできる »

JR女川駅は温泉付きの3階建て

 以前にも書いたとおり、東日本大震災で大きな被害を受けた石巻線女川駅は、内陸寄りに移転する予定です。女川町は、その女川駅の新駅舎について、概要をまとめました。

 それによりますと、駅舎のデザインは、女川町の復興を支援している世界的建築家の坂茂氏が行います。3階建て、延べ床面積は1100平方メートルで、鳥が羽ばたく姿をイメージしています。1階には駅や売店が入り、2階には、震災前、駅に隣接していた町営の温泉施設「女川温泉ゆぽっぽ」が入ります。3階には展望フロアを設けます。建物の前面には、駅前広場を整備します。駅が、中心部に形成を目指す商業エリアの拠点施設となるようです。

 駅舎建設の事業主体や費用負担については、女川町とJR東日本が調整をしているところです。また、運休している浦宿-女川間の運転再開の時期については、2014年度末を目標としている商業エリアの「まちびらき」に合わせるよう、女川町はJR東日本に要望しています。
(参考:河北新報ホームページ http://www.kahoku.co.jp/news/2013/04/20130425t12024.htm)

|

« 長崎電気軌道、スマートフォンが一日乗車券に | Main | 「ななつ星in九州」の食堂車は調理もできる »

鉄道」カテゴリの記事

JR東日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR女川駅は温泉付きの3階建て:

» 東日本大震災で被災し再建予定のJR石巻線女川駅の施設概要がまとまる [阪和線の沿線から]
東日本大震災で被災した路線のうち、石巻線については、現在浦宿〜女川の間が不通区間となっていますが、その終点の女川駅について、再建後の駅舎の概要が発表された旨、河北新報 ... [Read More]

Tracked on 2013.04.29 10:23 PM

« 長崎電気軌道、スマートフォンが一日乗車券に | Main | 「ななつ星in九州」の食堂車は調理もできる »