« 長野県等、県内新幹線5駅に数値目標設定へ | Main | 山陽・九州新幹線新大阪-鹿児島中央間、14日前までに予約すれば「みずほ」「さくら」等14000円 »

新東名の開通で渋滞も事故も減少

 新東名は昨年の4月14日に御殿場ジャンクション-三ケ日ジャンクション間が開通しました。静岡県のほとんどの部分が開通したことになります。残る区間の開通予定は、海老名南ジャンクション-御殿場ジャンクション間が2016~2020年度に、浜松いなさジャンクション-豊田東ジャンクション間が2014年度です。

 その新東名ですが、国交省中部地方整備局、NEXCO中日本東京支社、静岡県、静岡市、浜松市で構成する「新東名(静岡県)インパクト調整会議」は、新東名開通後1年間の交通状況と整備効果を発表しました。

 新東名の交通量は1日当たり約4万台。新東名と東名の合計交通量は開通前に比べて約13%増加しました。静岡県内のインターチェンジを利用する交通量も約13%増えています。特に休日の利用が多いようで、新東名の近隣や静岡県北部の観光地で観光客が増えています。静岡県内を通過する交通の約7割は距離の短い新東名を利用していますが、県内移動の約8割は街中に近い東名を利用しています。また、首都圏以東と中京圏以西の広域交通にも影響を及ぼしており、中央道ルートの交通量が1日当たり約1300台減っています(ただし、笹子トンネルの事故の影響があるのかもしれません)。(社)全国物流ネットワークの調査では、東京-名古屋間の直行トラックで、新東名を利用すると東名を使った場合よりも燃費が約7%向上するようです。

 そして、開通前の東名では10キロ以上の渋滞が年227回もありましたが、開通後は東名と新東名の合計で18回と9割以上も減少しています。事故の件数も3329件から2847件と減っています。特に人身事故は521件から378件と約3割も減っています。新東名の開通により2車線から合計4車線に増えたわけですから、渋滞が減ったのはともかくとして、交通量が増えたのに事故の件数が減ったのは意外だともいえます。
(参考:MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/life/news/130529/trd13052916220013-n1.htm)

|

« 長野県等、県内新幹線5駅に数値目標設定へ | Main | 山陽・九州新幹線新大阪-鹿児島中央間、14日前までに予約すれば「みずほ」「さくら」等14000円 »

道路、車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 新東名の開通で渋滞も事故も減少:

« 長野県等、県内新幹線5駅に数値目標設定へ | Main | 山陽・九州新幹線新大阪-鹿児島中央間、14日前までに予約すれば「みずほ」「さくら」等14000円 »