« アストラム延伸線は急勾配? | Main | 北陸新幹線金沢開業時のダイヤは2014年9月か10月に発表?&寺井駅改称へ »

高速バス広島松江線が好調

 広島と松江、出雲を結ぶ高速バスは、高速道路が未整備だったこともあり、三次以北は国道54号線を経由していましたが(そのときの旅行はこちらです)、松江道の全線開通により、4月1日から松江道経由になりました。所要時間が23分短縮し、16往復に増えました。

 その松江道経由の高速バス、好調のようです。広島バスセンターと松江しんじ湖温泉とを結ぶ広島松江線(広島電鉄と一畑バスが共同運行)の乗客は、当初は10%の増加を見込んでいましたが、4月は前年同月に比べて20%増、5月は13%増でした。6月も10%を超えるペースを維持しています。特に松江発の利用が伸びているようです。

 松江道経由の高速バスがさらに増えることになります。広島バスセンターと米子駅とを結ぶ広島米子線(広島電鉄、日本交通、日ノ丸自動車が共同運行)が7月20日から松江道・山陰道経由に変わるのです。広島と米子はこれまでも高速道路で結ばれていましたが、かなりの遠回りだったので、一部区間は国道183号線を経由していました。これが解消され、広島市内、米子市内を除くほとんどの区間を高速道路走行するのです。

 この経路変更により、広島バスセンター-米子駅間の所要時間が、特急便は12分短縮して3時間18分に、普通便は20分短縮して3時間30分で運転されます。松江道高野インターに隣接した、道の駅たかのに新たに停車しますが(普通便のみ停車)、庄原インター入口、日南、根雨、江尾、法勝寺、溝口、岸本の各停留所を廃止します。休憩場所が江の川パーキングエリアになります。

 先ほど述べた広島松江線も、8月1日からダイヤ改正を行います。江の川パーキングエリアの休憩時間が5分から10分に伸びます。始発時刻は変わりませんが、到着時刻が5分遅くなります。
(参考:中国新聞ホームページ http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201306220015.html、広島電鉄ホームページ http://www.hiroden.co.jp/what/new/topic.htm)

| |

« アストラム延伸線は急勾配? | Main | 北陸新幹線金沢開業時のダイヤは2014年9月か10月に発表?&寺井駅改称へ »

バス」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 高速バス広島松江線が好調:

« アストラム延伸線は急勾配? | Main | 北陸新幹線金沢開業時のダイヤは2014年9月か10月に発表?&寺井駅改称へ »