« 西武新宿線地下化で沼袋は島式ホーム2面4線に | Main | いすみ鉄道、お盆に臨時急行列車を運転 »

江差駅の「駅弁」

 2014年5月11日の運行をもって廃止になる江差線木古内-江差間。しかし、その終点江差駅で、江差駅にちなんだ弁当を売っています。「新・江差駅弁当」です。

 3年前から江差駅にちなんだ弁当を売っているのは、江差町内の「れすとらん・津花館」。この春、内容をリニューアルしました。江差の寒のりの二段御飯にニシンの甘露煮、上ノ国のフルーツポークの甘辛焼き、厚沢部産ジャガイモのコロッケなどが入っています。JR江差駅の関係者にも食べてもらったようですが、好評だったようです。これまで江差駅の白黒写真であった包装紙ですが、7月からはカラーとなり、毎月変える予定です。7月はかもめ島を背景に走行する江差線の写真です。

 弁当は1個870円、11月末までは週末に限りますが江差駅構内に売店が開設され、そこでも販売しています。
(参考:北海道新聞ホームページ http://www.hokkaido-np.co.jp/news/chiiki2/481948.html、函館新聞3月11日)

| |

« 西武新宿線地下化で沼袋は島式ホーム2面4線に | Main | いすみ鉄道、お盆に臨時急行列車を運転 »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 江差駅の「駅弁」:

« 西武新宿線地下化で沼袋は島式ホーム2面4線に | Main | いすみ鉄道、お盆に臨時急行列車を運転 »