« 651系、「ひたち」に期間限定で復帰 | Main | 富山地鉄「ダブルデッカーエキスプレス」は8月25日デビュー »

JR北海道、9月以降の臨時列車を追加

 7月に起きた相次ぐ車両トラブルにより、函館-札幌間の「(スーパー)北斗」4往復、札幌-稚内間の「サロベツ」1往復、札幌-釧路間の「スーパーおおぞら」2往復が運休しています。これらの列車の運休は9月も続きます。

 これではさすがに輸送力が足らないので、臨時列車が運転されます。以前の段階では「北斗91号」、「北斗84号」の運行しか発表されていませんでしたが(9月中は毎日運転)、それ以外にも函館線、宗谷線で臨時列車が運行されることになりました。

 函館線については、休日にニセコ車両を使う「北斗65号」、「北斗74号」が運転されます。ニセコ車両は3両編成で、グリーン車、車内販売はありませんが、2号車に自販機があります。

 宗谷線については、9月中の毎日、旭川-稚内間に臨時快速が1往復運転されます。キハ40等による2両編成で(運行本数の8割以上がお座敷車両です。1両の定員は32人。カーペット敷きで中央に掘りごたつがあり、座椅子が両側に並んでいます)、全車自由席です。車内販売はありませんが、車掌が乗務します。

 根室線では臨時列車はありませんが、「スーパーおおぞら6号」が白糠・浦幌・トマムに臨時停車します。

(追記)
 10月もJR北海道の特急の運休は続きます。代わりに運転される臨時列車も9月とほぼ同じですが、主に休日に運転される「北斗65号」、「北斗74号」は、5両編成のノースレインボー車両になる日があります。ノースレインボー車両で運転されるときは、名前が「北斗85号」、「北斗94号」に変わり、ダイヤも少し変更されます。
(参考:JR北海道ホームページ http://www.jrhokkaido.co.jp/pdf/130806_3-2.pdf、http://www.jrhokkaido.co.jp/press/2013/130828-1.pdf、北海道新聞ホームページ http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/489326.html)

| |

« 651系、「ひたち」に期間限定で復帰 | Main | 富山地鉄「ダブルデッカーエキスプレス」は8月25日デビュー »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR北海道、9月以降の臨時列車を追加:

« 651系、「ひたち」に期間限定で復帰 | Main | 富山地鉄「ダブルデッカーエキスプレス」は8月25日デビュー »