« 北近畿タンゴ鉄道、観光車両追加へ | Main | 旧神岡鉄道の「ガッタンゴー」、延伸か? »

「ななつ星in九州」、香港の旅行社が1便をまるごと買い取り

 JR九州は、「ななつ星in九州」を海外の富裕層にも利用してもらいたいとしています。2~3年後は、乗客の半分を海外から集めたいとしています。そこで、JR九州はヨーロッパ、韓国、台湾にある海外の複数の旅行社とも契約交渉をしていますが、12日に、香港のEGLツアーズ社と販売契約を締結することになりました。EGLツアーズは1986年設立。1995年に日本への送客を開始し、2012年度には89000人の旅行者を日本に送り込んでいます。

 EGLツアーズ社は2014年8月2日に出発する1泊2日のコースをまるごと1便を買い取り、別府市内の観光を加えて4泊5日の商品として販売します(「ななつ星in九州」の乗車は2日目、3日目になります)。香港を中心に24~28人の参加者を募ります。国内の旅行会社が1便まるごと買い取って旅行商品にすることはありますが、海外の旅行会社がまるごと買い取るのは初めてです。

 ただ、海外での販売が順調かと言えばそうではありません。同じ9月12日に、JR九州が販売する2014年4~6月出発分の「ななつ星in九州」13本の利用客を抽選で選びました。客室全182室のうち国内在住者向けに募集した156室の当選倍率は平均9.0倍で、最も人気が高かったのは97倍でした。これに対して、(今回から設けた)海外在住者専用の受付枠として募集した部屋は26室ありましたが、香港やタイ、アメリカなどから9件の申し込みがあっただけです(余った客室については引き続き申し込みを受け付けます)。国内外とも同じ枠で募集した2013年10~12月、2014年1~3月の海外からの応募は合計7件で、それよりは増えているとも言えますが、海外からの応募を増やすのは難しいところです。「ななつ星in九州」は、同じ日本国内というアドバンテージがある国内では大人気ですが、海外にも同じような列車はたくさんあるのですから。

(追記)
 2014年4月8日から11日の3泊4日で、JTB九州が外国人客専用の「ななつ星in九州」を運行しました。シンガポール、台湾、香港、オランダから来た28人が乗車しました。
(参考:日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXNZO59647500S3A910C1LX0000/、朝日新聞ホームページ http://www.asahi.com/business/update/0912/SEB201309120013.html、http://www.asahi.com/national/update/0910/SEB201309100001.html、JR九州ホームページ http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/GeneralFrameset?OpenFrameSet、MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/140408/ent14040814220007-n1.htm)

|

« 北近畿タンゴ鉄道、観光車両追加へ | Main | 旧神岡鉄道の「ガッタンゴー」、延伸か? »

鉄道」カテゴリの記事

JR九州」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ななつ星in九州」、香港の旅行社が1便をまるごと買い取り:

« 北近畿タンゴ鉄道、観光車両追加へ | Main | 旧神岡鉄道の「ガッタンゴー」、延伸か? »