« 中央線、2016年以降に新型特急 | Main | 「ななつ星in九州」、香港の旅行社が1便をまるごと買い取り »

北近畿タンゴ鉄道、観光車両追加へ

 今年春にデビューした北近畿タンゴ鉄道の観光車両「あかまつ」「あおまつ」は好評で、6月末までの利用者は約7000人と、前年同期の2倍以上となりました。そこで北近畿タンゴ鉄道は、2014年春にも1編成を追加することを考えています。車両を増やすことによって、集客増を狙っています。

 新しい観光車両の名前は「くろまつ」が有力とされています。「あかまつ」「あおまつ」同様、水戸岡鋭治氏に設計を依頼します。既存車両を改修して観光車両をつくりますが、約3000万円の改修費は京都府が半額、福知山市や舞鶴市など沿線5市2町が残りを負担します。車内には、地元の魚介類を使った料理を味わうことができるスペースや、地酒などを提供するカウンターも設ける予定です。
(参考:日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXNZO59354210W3A900C1LDA000/)

|

« 中央線、2016年以降に新型特急 | Main | 「ななつ星in九州」、香港の旅行社が1便をまるごと買い取り »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北近畿タンゴ鉄道、観光車両追加へ:

« 中央線、2016年以降に新型特急 | Main | 「ななつ星in九州」、香港の旅行社が1便をまるごと買い取り »