« 三陸鉄道小本駅、津波避難所を兼ねたものに立て替え | Main | 「きんてつ鉄道まつり2013」で電動貨車(「マンモス」)、「楽」体験乗車 »

青い森鉄道、「青い森703系」を導入

 青い森鉄道は、2014年3月のダイヤ改正に合わせて、新型車両2編成(4両)を導入することを発表しました。このダイヤ改正では、東青森-青森間に筒井駅を開業させるため、利用客の増加が予想されます。それに対応するために新たな車両をつくったのです。11月に車両の引き渡しを受けますが、試運転などを行ったうえで、2014年3月のダイヤ改正時から使用を開始します。八戸-青森間を走ります。

 新しい車両は、現行の701系とは異なり、「青い森703系」となります。JR東日本のE721系にベースにした車両のようです。外観は現行車両と同じ水色とシルバーの2色ですが、バリアフリー対応で床を18センチ下げたため、ドア部分にステップがありません。車椅子の利用者などがスムーズに乗降できるようになります。車内はセミクロスシートで、車体幅が15センチ広がったため、1編成の定員も701系に比べてロングシートタイプでは2人、セミクロスタイプでは12人増加し、270人となります。

 車両はステンレス製ですが、冬季の着雪をできる限り防ぐため、前面を繊維強化プラスチック(FRP)構造とし、さらに丸みを帯びた形状としています。トイレは大きくなり、車椅子利用者なども快適に利用できるようになります。

 青い森鉄道には現在9編成18両ありますが、大半はJR東日本から譲渡を受けた車両であり、車両を新造するのは2002年の目時-八戸間開業時以来です。新型車両は2編成で8億円しますが、購入するのは1編成だけで、もう1編成はリースとなります。実は青い森鉄道、年間4億円超の車両使用料をJR東日本に払っていますが、2編成を新造して、自社車両での運行にすることによって年間約7000万円以上の削減ができるとみています。
(参考:東奥日報ホームページ http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2013/20130924220558.asp?fsn=eb33f76037153e93cde084f7e7644d6f、毎日jp http://mainichi.jp/area/aomori/news/20130925ddlk02020066000c.html)

|

« 三陸鉄道小本駅、津波避難所を兼ねたものに立て替え | Main | 「きんてつ鉄道まつり2013」で電動貨車(「マンモス」)、「楽」体験乗車 »

鉄道」カテゴリの記事

北海道・東北私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 青い森鉄道、「青い森703系」を導入:

» 【青い森鉄道】来年3月に新型車両「青い森703系」を導入の報道 [阪和線の沿線から]
青森県の第三セクター鉄道「青い森鉄道」が、来年3月に新型車両「青い森703系」を導入することを発表した、と青森県の地方新聞・東奥日報が報じています。 青い森鉄道にバリアフリ ...... [Read More]

Tracked on 2013.09.27 10:06 PM

« 三陸鉄道小本駅、津波避難所を兼ねたものに立て替え | Main | 「きんてつ鉄道まつり2013」で電動貨車(「マンモス」)、「楽」体験乗車 »