« 信楽高原鐵道、台風災害で廃止か? | Main | 北九州市の7つの公共交通機関で使うことのできる1日フリー乗車券 »

北近畿タンゴ鉄道、上下分離で運営会社を公募

 北近畿タンゴ鉄道は、全国で35ある第三セクターの中では2番目に規模が大きいこともあって、一番の赤字路線となっています。2012年度の経常損失額は約8.41億円、赤字を埋めるために京都府などは2012年度、7.45億円を補填しています。しかも利用者は1993年度の約303万人をピークに減り続け、2012年度は約187万人にまで落ち込んでいます。急激な業績の回復は期待できないです。そこで、北近畿タンゴ鉄道の最大株主である京都府(京都府は44.72%の株を保有しています)は、北近畿タンゴ鉄道を上下分離することにしました。

 鉄道で上下分離と言えば、線路などのインフラを地元自治体が保有し、実際の運行は既存の鉄道会社が行うのが一般的です。北近畿タンゴ鉄道にあてはめて言えば、インフラは京都府などが保有し、実際の運行は北近畿タンゴ鉄道が引き続き行うという方式です。しかし、このケースは違います。運行を新会社に切り離し、車両やレールは北近畿タンゴ鉄道が保有します。第三セクターだと経営責任が不明確で、抜本的な改革が必要だと考えているからです。新会社は北近畿タンゴ鉄道に使用料を払い、北近畿タンゴ鉄道は新会社に管理委託料を払います。京都府などは北近畿タンゴ鉄道に補助を続け、インフラを維持します。上下分離を行うことで国からの補助金も増えるため、京都府などの財政負担は減るようです。

 京都府は10月下旬から、運行を行う事業者を公募します。駅の廃止はせず、ダイヤなどのサービス水準を維持し、10年以上運営することなどが条件です。このため、一部区間が廃止されることは当分はなくなったと言えます。今のところ、バス会社など複数の事業者が公募に応じることを考えているようです。有識者による選定委員会による審査を経て、今年度中に事業者を決め、2014年度中に新体制での運行を目指します。
(参考:MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/region/news/130928/kyt13092802060002-n1.htm、毎日jp http://mainichi.jp/feature/news/20130928k0000m040034000c.html、京都新聞ホームページ http://www.kyoto-np.co.jp/top/article/20130927000214)

|

« 信楽高原鐵道、台風災害で廃止か? | Main | 北九州市の7つの公共交通機関で使うことのできる1日フリー乗車券 »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北近畿タンゴ鉄道、上下分離で運営会社を公募:

» 【北近畿タンゴ鉄道】2014年度中に上下分離方式への移行の報道。運行会社は新たに公募 [阪和線の沿線から]
京都府・兵庫県北部を走る第三セクター鉄道の「北近畿タンゴ鉄道」(KTR)。 今年4月からは観光列車「丹後あかまつ・あおまつ号」の運行が開始され、注目を浴びているところですが ... [Read More]

Tracked on 2013.10.07 11:05 PM

« 信楽高原鐵道、台風災害で廃止か? | Main | 北九州市の7つの公共交通機関で使うことのできる1日フリー乗車券 »