« JR西日本、29歳以下の若者に「U29(ユニーク)きっぷ」を発売 | Main | JR西日本、可部線の延伸許可申請を提出 »

「ななつ星in九州」、過密スケジュール見直しへ

 「ななつ星in九州」が10月15日に運行を開始してから1か月余りが経ちました。1か月ほどの間に3泊4日コースを5回、1泊2日コースを4回行いましたが、それらに参加した人の声がまとまられたものがありましたので、紹介します。

 まず、前提知識として持っておいたほうがよいのは、参加者の平均年齢。68歳です。参加者は30~88歳の範囲に散らばっています。

 全般的に好評ですが、気になるところがあります。それはコースが過密であることと、食事の量が多いこと。メインの年齢層を考えると、抑え気味のほうがよかったのかもしれません。観光の時間にゆとりを持たせ、食事の量は少なめにしたほうがよさそうです。

 もともと「ななつ星in九州」は収入を稼ぐために1両に4部屋入る「標準客室」(これでも豪華寝台列車のイメージを損なわないレベルなのですが。「ロイヤル」以上です)をつくる計画だったのですが、すべてスイートにしました。料金は高いですが、様々なところにお金をかけ過ぎているため、90%の乗車率で10年間走らせても、利益は年間1500万円程度にしかなりません。しかし、高めたイメージは相当のものです。

 ところが、JR九州はダイヤ改正により過密スケジュールの問題は解決するものの、食事の量を減らすことには消極的です。ただ、客層が高齢者であること、また食事を残すことには後ろめたい気分がすることから、少なめにしたほうがよいでしょう。昔の旅館のように量で圧倒するのは古いです。満足して客に帰ってもらうように、量を減らすよう、料理人を説得しなければいけません。
(参考:JR九州ホームページ http://www13.jrkyushu.co.jp/newsreleaseweb.nsf/9dd28b8cb8f46cee49256a7d0030d2e6/f6784e1eeaa130a749257c280043a197/$FILE/%E3%81%AA%E3%81%AA%E3%81%A4%E6%98%9F%E3%81%8A%E5%AE%A2%E3%81%95%E3%81%BE%E3%81%AE%E5%8F%8D%E5%BF%9C%EF%BC%88%E3%83%97%E3%83%AC%E3%82%B9%E8%B3%87%E6%96%99%EF%BC%89.pdf、毎日jp http://mainichi.jp/shimen/news/20131115ddm005070003000c.html、日刊工業新聞ホームページ http://www.nikkan.co.jp/news/nkx1120131122ceap.html)

|

« JR西日本、29歳以下の若者に「U29(ユニーク)きっぷ」を発売 | Main | JR西日本、可部線の延伸許可申請を提出 »

鉄道」カテゴリの記事

JR九州」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「ななつ星in九州」、過密スケジュール見直しへ:

« JR西日本、29歳以下の若者に「U29(ユニーク)きっぷ」を発売 | Main | JR西日本、可部線の延伸許可申請を提出 »