« 京都市交通局等、均一運賃区間を嵯峨・嵐山地域に拡大 | Main | 「指宿のたまて箱」、指宿-枕崎間を臨時運転か? »

JR四国、「レトロフューチャー」8600系特急形直流電車新製

 以前にも概要は書きましたが、JR四国は、予讃線の特急「いしづち」用に、8600系特急形直流電車の量産先行車を新製します。2両編成2本の4両をつくり(定員101人)、2014年6月に高松-松山間で営業運転を開始します。JR四国で特急電車の新型車両が投入されるのは21年ぶりです。

 デザインは、建築デザイン経験のある社員がメーカーと共同で行いました。「レトロフューチャー」をコンセプトに、ノスタルジックな鉄道車両のイメージを「未来特急」としてデザインしています。正面は蒸気機関車をモチーフとした黒い円形で、特徴あるものです。側面には未来を感じさせる流線形のラインを引いています。沿線の香川のオリーブと愛媛のかんきつ類に因み、緑とオレンジの2色で塗られています。車内も1両が緑、もう1両がオレンジで彩られています。

 8600系は空気ばねの力で車体を傾けて走ります。台車構造の簡素化による省メンテナンス化と、到達時分の確保の両立を図ります。最高速度は時速130キロです。先ほども書いたようにとりあえず2編成4両のみをつくりますが、2015年末に2両編成2本、グリーン車を含む3両編成2本の10両をつくり、松山以東でディーゼルカーで走っている「しおかぜ」「いしづち」をすべて電車に切り替えます。岡山へも乗り入れます。2000系は老朽化しているのです。2000系で走っている「アンパンマン車両」も引き継ぐ予定です。投資額は1両当たり2.5億円で、国からの設備投資に関する助成金の一部を利用します。客室の照明にはLEDを用い、車椅子に対応したトイレを設けます。パソコンが使えるように各シートに電源を設け、テーブルも大型化します。

(追記1)
 JR四国の2014年度事業計画によれば、2014年度に特急気動車4両を新製します。2000系の代替です。

(追記2)
 JR四国の2016年度事業計画によれば、2016年度に特急気動車4両を新製します。2000系の代替です。なお、2014年度の新製は行われませんでした。
(参考:JR四国ホームページ http://www.jr-shikoku.co.jp/03_news/press/13-11-25/01.htm、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXNZO63124450V21C13A1LA0000/、YOMIURI ONLINE http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kagawa/news/20131125-OYT8T01313.htm、「鉄道ジャーナル」2014年5月号 鉄道ジャーナル社、「鉄道ジャーナル」2014年6月号 鉄道ジャーナル社、「鉄道ファン」2016年6月号 交友社)

|

« 京都市交通局等、均一運賃区間を嵯峨・嵐山地域に拡大 | Main | 「指宿のたまて箱」、指宿-枕崎間を臨時運転か? »

鉄道」カテゴリの記事

JR四国」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR四国、「レトロフューチャー」8600系特急形直流電車新製:

» JR四国、8600系特急形直流電車の新製を公表 [kqtrain.net(京浜急行)]
 特急形直流電車の新製について|JR四国<四国旅客鉄道株式会社> [Read More]

Tracked on 2013.11.26 05:16 PM

» 【JR四国】特急形電車「8600系」を新製。2000系気動車の老朽取り替えへ [阪和線の沿線から]
JR四国から、特急形電車の新製が発表されました。 特急形直流電車の新製について(JR四国・プレスリリース) 今回新製する特急電車は「8600系」と称される形式となります。 現行の特 ...... [Read More]

Tracked on 2013.11.26 09:54 PM

« 京都市交通局等、均一運賃区間を嵯峨・嵐山地域に拡大 | Main | 「指宿のたまて箱」、指宿-枕崎間を臨時運転か? »