« 昇降式ホーム柵を六甲道でも試行運用へ | Main | 名鉄バス、名古屋-松本・長野線にカレンダー運賃の導入、往復割引等廃止 »

京福3月21日ダイヤ改正でわかりやすいダイヤ&接続改善

 嵐電は、3月21日にダイヤ改正を行います。前回は嵐電天神川が開業した2008年3月にダイヤ改正を行いましたので、6年ぶりということになります。

 ダイヤ改正のテーマはわかりやすいダイヤと接続改善。わかりやすさのほうから説明します。これまで昼間時間帯、四条大宮駅を毎時0、10、20、30、40、50分と発車していましたが、ダイヤ改正以降は嵐山駅においても同様に毎時0、10、20、30、40、50分と発車するようになります(これまでは毎時3、13、23、33、43、53分に発車)。運賃についても、消費税率が引き上げられる4月1日以降も200円均一運賃を継続します。

 もうひとつのテーマは接続改善。帷子ノ辻駅において、昼間時間帯の嵐山本線四条大宮方面と北野線の乗り継ぎ時間を短縮します。四条大宮方面から北野線への乗り換え時間は現行の6分から2分45秒に短縮になり、北野線から四条大宮方面への乗り換え時間は現行の7分45秒から1分35秒に短縮されます。そのほか、嵐山本線の始発を5分早めることにより(嵐山6:02発→5:57発)、天神川での地下鉄東西線の接続、西院での阪急京都線の接続がよくなり、ともに約15分早い電車に乗ることができます。

 また、北野線の夜間の増便を行います。2往復増便し、21時ごろまで10分間隔となります。
(参考:京福ホームページ http://www.keifuku.co.jp/news/%28140310%29dia-Release.pdf)

|

« 昇降式ホーム柵を六甲道でも試行運用へ | Main | 名鉄バス、名古屋-松本・長野線にカレンダー運賃の導入、往復割引等廃止 »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 京福3月21日ダイヤ改正でわかりやすいダイヤ&接続改善:

« 昇降式ホーム柵を六甲道でも試行運用へ | Main | 名鉄バス、名古屋-松本・長野線にカレンダー運賃の導入、往復割引等廃止 »