« 奄美にバニラ・エア | Main | 東海道線袋井-磐田間に新駅 »

江差線最終日に14系客車

 5月12日に廃止となる江差線木古内-江差間。営業運転は前日の5月11日までです。

 そのフィナーレを飾る列車として、5月10、11日の2日間、函館-江差間に団体専用の臨時列車「さようなら江差線号」が運転されます。「SL函館大沼号」で使われている14系客車2両と緩急車の両端にディーゼル機関車をつけて走ります。この「さようなら江差線号」に片道乗り、もう片道はバスで廃止される木古内-江差間の各駅をめぐる団体旅行商品が発売されます。

 旅行商品の名前は「臨時列車『さようなら江差線号』乗車と江差線 木古内-江差間全駅めぐりの旅」。「さようなら江差線号」に乗るのが往路になるか復路になるかで、Aコース、Bコースに分かれます。Aコースは函館11:13発の「さようなら江差線号」に乗り、江差に14:15着。江差からは15:15ごろにバスに乗り、中間の8駅に10分程度ずつ停車(湯ノ岱には30分程度停車)して全駅をめぐり、函館に19:45ごろに着きます。Bコースはこの逆で、函館を9:00ごろにバスに乗り、中間の8駅に10分程度ずつ停車(湯ノ岱には30分程度停車)して全駅をめぐり、江差に13:30ごろに着きます。江差からは14:43発の「さようなら江差線号」に乗り、函館に17:34に着きます。募集人員は各日160人、Aコース、Bコースともに80人ずつです。旅行代金はツアー限定の掛紙を利用した弁当のほか、「ツアー限定乗車記念証」、「江差線 木古内-江差間ミニ駅名標プレート10駅セット」、「江差線オリジナルフェイスタオル」がセットになって、函館駅発着で大人13500円、子供12500円です。木古内駅発着も可能で、その場合は大人13000円、子供12250円となります。

 申し込みは往復はがき限定で、はがき1通につき、5月10日、11日いずれかの1コースのみの申し込みとなります。1枚のはがきで複数の出発日・コースの申し込みや、同一日の同一コースに2枚以上のはがきで申し込むことはできません。1枚のはがきで2人まで申し込むことができます。応募多数の場合は抽選となりますが、抽選はAコース、Bコースの順番で行います。Aコースに当選した人は、同日のBコースの抽選から除外されます。なお、期限は4月10日(消印有効)です。御注意ください。
(参考:JR北海道函館支社ホームページ http://jr.hakodate.jp/pdf/news/20140403_esashi_tourpress.pdf)

| |

« 奄美にバニラ・エア | Main | 東海道線袋井-磐田間に新駅 »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 江差線最終日に14系客車:

» 【JR北海道】「さようなら江差線企画」として14系客車を使用した団体臨時列車が5月10日・11日に運行 [阪和線の沿線から]
JR北海道の江差線のうち木古内〜江差間は来月5月11日(日)の運行をもって廃止となります。 この廃止に向けて、キハ40系やキハ183系を用いた団体臨時列車が昨年春より「ありがとう江 ...... [Read More]

Tracked on 2014.04.10 11:18 PM

« 奄美にバニラ・エア | Main | 東海道線袋井-磐田間に新駅 »