« 石北線の貨物列車存続へ地元等一部負担受け入れ | Main | 連節構造のE331系、廃車か? »

「指宿のたまて箱」、枕崎には行かず

 JR九州指宿枕崎線の人気特急(2013年8月までの平均乗車率は約81%です)、「指宿のたまて箱」を指宿-枕崎間に運行するという計画については以前に書きましたが、それについて新しい動きがありました。

 JR九州は3月中旬、「指宿のたまて箱」の運行を鹿児島中央-指宿間に固定する方針であることを、沿線の活性化を計画する官民グループ「夢たまプロジェクト」に伝えました。「指宿のたまて箱」は竜宮伝説など物語を重視したデザイン列車であるためです。「夢たまプロジェクト」は4月にも「指宿のたまて箱」の指宿-枕崎間の運行を行う予定でしたが、それについてもJR九州は「困難」と伝えました。

 「指宿のたまて箱」を枕崎に引っ張ってくる計画は失敗しましたが、指宿、南九州、枕崎市の3市の関係者はJR九州に対して、普通列車の活用を要請し、引き続き地域活性化に取り組む方針を確認したとのことです。
(参考:南日本新聞ホームページ http://373news.com/modules/pickup/index.php?storyid=55719、「鉄道ジャーナル」2014年4月号 鉄道ジャーナル社)

|

« 石北線の貨物列車存続へ地元等一部負担受け入れ | Main | 連節構造のE331系、廃車か? »

鉄道」カテゴリの記事

JR九州」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「指宿のたまて箱」、枕崎には行かず:

« 石北線の貨物列車存続へ地元等一部負担受け入れ | Main | 連節構造のE331系、廃車か? »