« トーマスクックの「ヨーロッパ鉄道時刻表」、復活! | Main | 鎌倉市、東京オリンピック前に「ロードプライシング」検討 »

八瀬比叡山口に「きらら」、宇治に「宇治・伏見おうじちゃまEXPRESS」

 比叡山頂の庭園美術館「ガーデンミュージアム比叡」の今シーズンの営業は19日に始まります。これに合わせて、京阪、叡山電鉄、京福、ガーデンミュージアム比叡の4者は、丸一日快適に楽しむことができるモデルプランを提案します。

 このモデルプランは、京阪の特急、叡山電鉄の「きらら」、京福の叡山ケーブル・ロープウェイを使って、新緑・青もみじが美しい八瀬や、比叡山頂の「ガーデンミュージアム比叡」、延暦寺での観光を楽しむことができるもの。通常は鞍馬方面に行く900系「きらら」を、「新緑・比叡山きらら」号として出町柳10:07発八瀬比叡山口行き(八瀬比叡山口10:21着)に充当します。「きらら」は「紅葉のトンネル」と呼ばれる市原-二ノ瀬間の風景を楽しむことができるように、天井の一部をガラス張りにし、座席レイアウトを窓向けに配置しています。この「きらら」で八瀬の風景を楽しむことができます。なお、新緑の季節に合わせて、900系車両(2編成)に貼られているシンボルステッカーを4月19日から6月29日の間、通常の赤色から緑色に変更します。

 京阪も「新緑・比叡山きらら」号に接続する淀屋橋9:00発出町柳行き特急(出町柳9:56着)を「比叡山きらら連絡特急」とし、特別ヘッドマークがつきます。原則として2階建ての8000系で運転されます。京福は八瀬比叡山口駅からケーブル八瀬駅への乗り換えルートの途中に、立ち寄りスポットとして「八瀬 もみじの小径<こみち>」を整備します。4月19日から利用できます。「八瀬 もみじの小径」は、ケーブル八瀬駅に隣接する京福所有の土地(約3700平方メートル)に、舗装路、橋、階段、ベンチ等を整備し、エリア内には野趣あふれるもみじの巨木が群生し、春は青もみじ、秋は紅葉を楽しむことができます。長さは300メートルほどで、入場料金は無料です。叡山ケーブル運行期間中の9時から18時の間、オープンします。

 9:00に淀屋橋を出れば、「八瀬 もみじの小径」で散策しても、比叡山頂駅には11:03に着きます。「比叡山きらら連絡特急」「新緑・比叡山きらら」号は、ともに4月19日から6月29日までの休日に運転されます。運行初日となる4月19日の「新緑・比叡山きらら」に乗車した人には八瀬比叡山口駅で花の種を、叡山ケーブルを利用した人にはケーブル八瀬駅でケーブルカーのポストカードのプレゼントがあります。

 叡山電鉄は、鞍馬線においても新緑を楽しむことのできる企画を行います。先ほども取り上げた市原-二ノ瀬間にある「紅葉のトンネル」と呼ばれる約250メートルの区間において、徐行運転を行います。4月26日から6月29日までの休日、出町柳9:00発~15:30発、鞍馬9:18発~15:48発の各列車で行います。

 話は変わりますが、京阪は宇治・伏見観光キャンペーンを行っています。その一環として、宇治線で「宇治・伏見ギャラリートレイン」を運行します。10000系1編成(4両)を使用し、4月3日(深夜)から2015年3月31日まで運転します(運転状況や車両点検などの理由で運転しない日があります)。10000系の車内が宇治・伏見の四季折々の風景写真で彩られます。特別なヘッドマークを付けるとともに、宇治・伏見の名所旧跡をデザインしたイラストステッカーを装飾して運転します。昼間(始発駅を10:00~15:59に発車するもの)の列車については、ABC朝日放送の三代澤アナウンサーが自動放送にてアナウンスします。沿線の名所旧跡などを案内します。

 4月6日から5月6日までの休日については、淀屋橋-宇治間に「宇治・伏見おうじちゃまEXPRESS」を運転します。大阪から宇治への直通列車は珍しいです。淀屋橋9:26発宇治10:24着、宇治15:36発淀屋橋16:34着のダイヤで、京橋-中書島間はノンストップです(宇治線内は各駅停車)。専用のヘッドマークがつき、宇治駅到着時には、宇治商工会議所の公認キャラクター「チャチャ王国のおうじちゃま」によるお出迎えと、宇治茶レディによる宇治茶無料接待を実施します。
(参考:京阪ホームページ http://www.keihan.co.jp/traffic/specialtrain-goods/event_ujifushimi2014/index.html#exp-oujichama、叡山電鉄ホームページ http://eizandensha.co.jp/wp/wp-content/uploads/news_2014040701.pdf)

|

« トーマスクックの「ヨーロッパ鉄道時刻表」、復活! | Main | 鎌倉市、東京オリンピック前に「ロードプライシング」検討 »

鉄道」カテゴリの記事

京阪」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 八瀬比叡山口に「きらら」、宇治に「宇治・伏見おうじちゃまEXPRESS」:

» 【京阪電鉄】【叡山電鉄】八瀬・比叡山観光のモデルプラン「きららで、八瀬・比叡山」誕生。京阪特急に「比叡山きらら連絡特急」副標、叡電「きらら」が八瀬比叡山口へ運行 [阪和線の沿線から]
京阪電鉄・叡山電鉄などでは、八瀬・比叡山観光の新たな魅力づくりの一環として、4月19日(土)から八瀬・比叡山観光のイチ押しモデルプラン「きららで、八瀬・比叡山」を誕生させ ... [Read More]

Tracked on 2014.04.15 10:47 PM

« トーマスクックの「ヨーロッパ鉄道時刻表」、復活! | Main | 鎌倉市、東京オリンピック前に「ロードプライシング」検討 »