« 京都市交通局、ゴールデンウィークに増便、無料乗り継ぎサービスも | Main | 長崎新幹線、地元からフル規格を求める声 »

北海道新幹線開業に向けた設備検査等のため、10月以降夜行運休か?

 北海道新幹線新青森-新函館(仮称)間は、2015年度末の開業に向け工事を進めています。今年の10月からは、開業後に使用する車両を実際に走行させて、土木構造物・軌道・電車線・信号設備等の機能を確認する設備検査を開始する計画です。10月から新中小国信号場-木古内間で貨物機関車を使用した設備検査を、12月からは奥津軽(仮称)-新函館(仮称)間で新幹線車両を使用した設備検査を開始し、2015年度には新青森-奥津軽(仮称)間を含む全区間に拡大して実施する予定です。

 ところが、北海道新幹線のうち、青函トンネルを含む新中小国信号場-木古内間は在来線と併用する区間です。現在も津軽海峡線として列車が走っています。この区間の検査は原則として、列車が運行していない夜間の時間帯を利用して行うこととなりますが、検査内容によっては列車が運行しない時間帯を通常より拡大しないといけないことになってしまいます。

 そこで、10月以降、青函トンネル区間を運行する夜行列車(「北斗星」、「はまなす」、「カシオペア」、「トワイライトエクスプレス」)や貨物列車を中心に運休、時刻変更、運転日の変更が発生する場合があることがJR北海道から発表されました。運行計画の詳細については、8月以降に発表されます。
(参考:JR北海道ホームページ https://www.jrhokkaido.co.jp/press/2014/140502-2.pdf、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXNASFC0200I_S4A500C1L41000/)

|

« 京都市交通局、ゴールデンウィークに増便、無料乗り継ぎサービスも | Main | 長崎新幹線、地元からフル規格を求める声 »

鉄道」カテゴリの記事

JR北海道」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北海道新幹線開業に向けた設備検査等のため、10月以降夜行運休か?:

» 【JR北海道】北海道新幹線開業に向けた設備検査等による夜行列車の運休等の計画発表(平成26年10月〜) [阪和線の沿線から]
平成27年度末にも開業予定の北海道新幹線の工事もたけなわとなってきていますが、JR北海道では、開業後に使用する車両を使用した設備検査を今年10月より開始する計画としていますが ... [Read More]

Tracked on 2014.05.05 05:08 PM

« 京都市交通局、ゴールデンウィークに増便、無料乗り継ぎサービスも | Main | 長崎新幹線、地元からフル規格を求める声 »