« JR西日本、奈良線の「勝手踏切」を閉鎖 | Main | えちぜん鉄道、吊り掛け式電車引退していた »

JR西日本の豪華寝台列車は、1室で1両を占領、バスタブつき

 JR西日本が豪華寝台列車を運行するという話は何回か当blogでも取り上げましたが、新たな情報が入ってきました。

 この列車のコンセプトは、「美しい日本をホテルが走る 上質さの中に懐かしさを」です。美しい日本を再発見してもらうため、JR西日本エリアの景色や地域の伝統芸能、食材を楽しんでもらい、上質でわくわくする旅にしたいとJR西日本は考えています。団塊世代以上の人には懐かしさを感じてもらえるような、「ノスタルジック・モダン」テイストの、心が安らぐような、懐かしくてほっとするような空間を用意したいとJR西日本は考えています。

 そのためJR西日本は、車両や食材などにこだわり、各界の第一人者に監修してもらうことにしました。車両のインテリアデザインや車内のレイアウトは、京都迎賓館の建築にも携わった、建築家の浦一也氏、車両の外観は、N700系などのデザインを手がけた、工業デザイナーの福田哲夫氏、旅の食事は、料理雑誌「あまから手帖」の編集顧問である門上武司氏に監修してもらいます。

 豪華寝台列車は10両編成です。ディーゼルカーですが、エンジンがあるのは両端の車両のみです。中ほどの車両は客車と同じく、エンジンがないのです。非電化区間でも走行できるように、ディーゼル発電機で発電した電力とバッテリーで走行するハイブリッド方式です。この車両をベースにするのでしょうか? 両端の車両は、展望スペースがついています。両端には屋外展望デッキもあり、高速で走行しないときには、デッキに出て風を感じることもできます(デッキに出ることができるのは、後方の車両のみです)。2階部分もあり、こちらも展望スペースとなっています。中ほどには食堂車とラウンジカーが各1両ついています。残る6両が寝台車です。寝台車は2クラスに分かれ、1両に1室しか客室がない最上級タイプ(1両)と3室あるツインタイプ(5両)があります。全部で16部屋あるので、定員は30人程度です。

 1両に1室しかない最上級の客室はバスタブのついたバスルームまであります。バスルームがある列車は、インドの「マハラジャ・エクスプレス」ぐらいで、世界的にも珍しいものです。ほかにプライベートバルコニーのついたエントランス、リビング、寝室があります。イラストを見る限り、両側の景色を見ることができます。1両に3室あるツインの客室も、通路側の壁が開くようになっていて、通路を歩く人を気にしないのであれば、壁を開けて両側の景色を楽しむことができます。

 コースは京阪神から山陰側、あるいは山陽・瀬戸内側を周遊する予定で(いくつか考えているようです)、1泊2日か2泊3日がメインとなるようです。価格はJR九州の「ななつ星in九州」より安めとなります。運行開始は2017年春の予定です。
(参考:JR西日本ホームページ https://www.westjr.co.jp/press/article/2014/05/page_5667.html、タビリスホームページ http://tabiris.com/archives/jrwest-2/、日本経済新聞ホームページ http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ210EZ_R20C14A5TJ1000/)

| |

« JR西日本、奈良線の「勝手踏切」を閉鎖 | Main | えちぜん鉄道、吊り掛け式電車引退していた »

鉄道」カテゴリの記事

JR西日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR西日本の豪華寝台列車は、1室で1両を占領、バスタブつき:

» 【JR西日本】2017年春に運行開始予定の新しい寝台列車の概要を発表 [阪和線の沿線から]
以前のエントリーでJR西日本が導入する豪華寝台列車について触れたところですが、その寝台列車の概要がJR西日本より発表されました。 新たな寝台列車の導入について:JR西日本 上記 ...... [Read More]

Tracked on 2014.05.22 10:46 PM

« JR西日本、奈良線の「勝手踏切」を閉鎖 | Main | えちぜん鉄道、吊り掛け式電車引退していた »