« 大阪上本町からも「つどい」でビール、ハイボール | Main | 近鉄、9月にも京都線等で「オフタイム割引」 »

JR九州、2017年度に蓄電池電車導入へ

 電化されていない区間では主にディーゼルカーが走ります。ところが、JR九州は老朽化したディーゼルカーの代替として、蓄電池電車を投入する方針です。

 蓄電池電車は床下に大容量リチウムイオン電池などを積んでいます。ディーゼルカーに比べて、エネルギー使用量は原油に換算して2割減らすことができ、二酸化炭素排出量も半減します。走行段階では排気ガスは出ません。すでにJR九州は既存車を改造した試験走行を2013年度末に終えていて、実用化にほぼめどがついた段階です。2016年度に完成させ、2017年度から導入を開始する予定です。

 導入される蓄電池電車の数は、150~200両。約10年でディーゼルカーから置き換えます。JR九州のディーゼルカーは約300両ですから、半分以上が蓄電池電車になることになります。試験的に走行するレベルでなく、ごく普通の光景として蓄電池電車を見ることができるのです。観光列車や「ななつ星in九州」についても、将来は蓄電池電車の導入を検討するようです。
(参考:毎日jp(会員登録要) http://mainichi.jp/shimen/news/20140703ddm008020150000c.html)

|

« 大阪上本町からも「つどい」でビール、ハイボール | Main | 近鉄、9月にも京都線等で「オフタイム割引」 »

鉄道」カテゴリの記事

JR九州」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference JR九州、2017年度に蓄電池電車導入へ:

« 大阪上本町からも「つどい」でビール、ハイボール | Main | 近鉄、9月にも京都線等で「オフタイム割引」 »