« 南海バス和泉府中-和泉中央間に深夜バス | Main | 深日-洲本間航路復活か? »

大井川鐵道で「夜行列車客車ツアー」

 大井川鐵道は10月18日、旧型客車に乗ってかつての夜行列車の雰囲気を味わう、鉄道ファン向けの鉄道ツアー、「夜行客車列車」ツアーを行います。

 客車を引っ張るのはSLではなく、電気機関車。汽笛がホイッスルタイプのE101電気機関車を使用する予定です。オハニ36を含む旧型客車3両を引っ張ります。客車列車のダイヤは行きが新金谷15:55発千頭17:35着(新金谷の列車入線時刻は15:30です)、帰りが千頭18:40発新金谷20:10着となっていますが(その後金谷まで普通電車で移動します)、このツアーの参加者には新金谷-千頭間1日乗り放題のフリーきっぷがつきます(SLに乗る場合はSL急行料金が要ります。また、金谷に行くと切符が回収されてしまいます)。実はこのツアーの受付時間は9:00~15:30(新金谷駅前プラザ・ロコのみ受付を行います)、朝早くから来て大井川鐵道を堪能することができます。

 この客車列車は、かつて長崎線を走っていた夜行鈍行、「ながさき」にちなんで、列車番号が421レと420レとなっています。長距離鈍行では途中駅に長時間停車することもあり(「ドカ停」といいます)、この客車列車でも、約25分の停車を行います。客車内では国鉄車両の客車のチャイム、「ハイケンスのセレナーデ」が流れ、行きの駿河徳山駅では昔ならではの発車ベルが鳴ります。一部の客車内の広告スペースには、「いい旅チャレンジ20000km」のポスター(2種類)を掲出します。行きの切符は昔懐かしい手書きの出札補充券、帰りは硬券です。折り返しの千頭駅では、オハニ36の荷物室を公開し、編成写真の撮影も可能です(客車の電源バッテリーの保護のため、車内照明は5分間のみ点灯します)。車内販売もあり、ビール、おつまみ、ジュースなどを購入できます。ここでやってみたいのは、車内の栓抜きを使うこと。瓶に入ったジュースも販売します。このように汽車旅の魅力を高める工夫がなされています。

 募集人員は80人、最少催行人員は40人です。完全予約制で、10月1日9:00から電話で予約を開始します。旅行代金は1日乗車券を含む交通費、夕食(地元静岡の名物駅弁、東海軒の特製幕の内)、保険代を含めて大人8500円、子供6500円で、ツアー参加者全員に、積水金属製Nゲージオハ35がプレゼントされます。オハ35は茶色と青がありますが、色の指定はできません。
(参考:大井川鐵道ホームページ http://www.oigawa-railway.co.jp/choice_tour.html#kyuugata)

|

« 南海バス和泉府中-和泉中央間に深夜バス | Main | 深日-洲本間航路復活か? »

鉄道」カテゴリの記事

東海・北陸私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大井川鐵道で「夜行列車客車ツアー」:

» 【大井川鐵道】夜行客車列車の雰囲気が楽しめるツアーを実施(10/18) [阪和線の沿線から]
大井川鐵道では、10月18日(土)に、旧型客車に乗車して、かつての夜行列車の雰囲気が楽しめる、鉄道ファン向けの鉄道ツアーを実施することを発表しました。 鉄道ファン待望の「夜 ...... [Read More]

Tracked on 2014.10.02 08:26 PM

« 南海バス和泉府中-和泉中央間に深夜バス | Main | 深日-洲本間航路復活か? »