« 三菱重工業、大規模な総合交通システム検証施設の運用を開始していた | Main | 三島市等、「ひかり」の停車本数増加などを要望 »

12月5日から「丹後くろまつ号」の運行ルート・時間変更

 今年5月から走り始めた、北近畿タンゴ鉄道のグルメ列車、「丹後くろまつ号」。12月5日から2015年3月31日の間、運行ルートと時間が変わります。

 朝のスイーツコースは、福知山10:22発は変わりませんが、天橋立到着は若干早くなり、11:44着から11:30着となります。昼のランチコースは、天橋立12:25発豊岡14:54着から、天橋立12:07発西舞鶴14:28着となります。西ではなく、東に行くのです。奈具海岸から眺める冬の日本海と由良川橋梁からの雄大な景色を楽しむことができます。途中の東雲では駅市があり、そばやお茶などを買い求めることができます。夕方の地酒コースは、豊岡17:14発西舞鶴19:07着から、西舞鶴15:36発豊岡18:15着となります。逆に西に向かうのです。由良川橋梁、奈具海岸の景色を楽しみながら、車内でゆっくりと地酒を楽しむことができます。また、現行では天橋立でしか途中下車できませんでしたが、変更後は天橋立、網野、木津温泉、久美浜で途中下車できます。城崎温泉方面へは、久美浜で途中下車して久美浜17:46発普通豊岡行きに乗れば、豊岡で18:06発普通浜坂行きに乗り換えることができます。
(参考:北近畿タンゴ鉄道ホームページ http://ktr-tetsudo.jp/news/2014/1107_01.html)

|

« 三菱重工業、大規模な総合交通システム検証施設の運用を開始していた | Main | 三島市等、「ひかり」の停車本数増加などを要望 »

鉄道」カテゴリの記事

関西私鉄」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 12月5日から「丹後くろまつ号」の運行ルート・時間変更:

« 三菱重工業、大規模な総合交通システム検証施設の運用を開始していた | Main | 三島市等、「ひかり」の停車本数増加などを要望 »